ALL ABOUT ベーマガ

F-ZERO

えふぜろ

F-ZERO
えふぜろ
 90年11月に任天堂から発売されたスーパーファミコン用レースゲームのこと。レースゲームではじめて重心移動を取り入れた。SFC本体と同時期に発売されたゲームは他にもあったが、『F-ZERO』の魅力に取り付かれたベーマガ編集部は、他のゲームをそっちのけで、これを取り上げ続けた。
F-ZERO 1分58秒台への道
えふぜろ1ぷん58びょうだいへのみち
 
F-ZERO』攻略記事。91.03〜92.03。全12回。担当は山下章。「山下章のコンピュータ・ゲーム ホンキでPlayホンネでReview!!」の「TARGET24 F-ZERO 1分59秒台への道」が独立したもの。連載当初は、MUTE CITY Iでの任天堂の伝説上の記録1分58秒97に挑戦しようという企画だったが、読者の手により2ヶ月目で追い抜いてしまったため、その後は黙々とタイムアタック。連載後半は、タイムが限界点近くに来てしまったので、半ページに縮小してしまい、山下章氏が非常に忙しくなったのもあって、中断。「バトル・オブ・スト2」同様、別冊発売の予定があったが、時間がたちすぎてなかったことになってしまった。
92年3月号p285掲載の最速記録
コース名タイム1周目
LAP
2〜5周
LAP
MUTE CITY I1'58''4125''4123''22
BIG BLUE2'07''1627''1624''93
SAND OCEAN2'20''7329''8227''64
DEATH WIND I1'43''8722''8220''20
SILENCE1'52''0224''2421''79
MUTE CITY II2'01''2826''3823''65
PORT TOWN I1'36''3621''7018''57
RED CANYON I1'43''6322''7520''06
WHITE LAND I1'55''6224''8422''57
WHITE LAND II2'09''4328''1424''79
MUTE CITY III1'59''0425''9523''23
DEATH WIND II1'52''0824''5121''50
PORT TOWN II2'13''4228''8725''96
RED CANYON II2'15''1629''1226''40
FIRE FIELD3'13''3941''6736''69
佐久間スタート
さくますたーと
 91年2月号で紹介された技。自車にFIRE STINGRAY、ライバル車にGOLDEN FOXを選び、スタート前からエンジンを最高回転にし、スタート直後、重心移動でGOLDEN FOXの進路上に出て、ぶつけられることで加速し、さらに立ち直ったGOLDEN FOXから、もう一度後ろからぶつけられ加速する技。2回目にぶつけられる際に、十字ボタンを右に入れると成功しやすいといわれる(イージー436キロスタート)。佐久間亮介氏が友人宅でF-ZEROをやり続けるため、カセットの持ち主が、強引にコントローラーを奪い取ろうとしたときに生まれた技。
森下スタート
もりしたすたーと
 91年5月号で紹介された技。基本的には佐久間スタートと同じだが、2度目の接触がそれより早い段階でおこる。しかし、436Kmになる地点はほぼ同じで、あまり効果がはっきりしない。それでいて、1周目のラップは佐久間スタートより早いタイムが出る。
478Kmロケット・スタート
よんひゃくななじゅうはちきろろけっとすたーと
 91年7月号で紹介された技。PORT TOWNII限定。方法は基本的に佐久間スタートと同じだが、1度目の接触の後、左右のガードビームにぶつかるギリギリまで蛇行すると、2度目の接触がジャンプ台に乗った瞬間におこる。ジャンプ後、一気に478Kmまで加速できる。名前は、その様がまるでロケットが発射されるときのようであることから。
情報局長ギブアップ
じょうほうきょくちょうぎぶあっぷ
1 91年2月号で紹介された。ミスをすると素早くはじめからやり直し、プレイ回数を増やす技。具体的には「GIVE UP」→「YES」→「TRY AGAIN」を高速選択すること。当時スーパーファミコンを持っていなかった情報局長が、ベーマガ編集部のスーパーファミコンと時間を有効活用するためにあみ出した。
2 「バトルオブスト2」のVS解せないクン戦で情報局長が披露。試合に負ける直前に電源を切る技。
3 92年のゴールデンウィークの、コードネーム「三都物語」と呼ばれる自動車旅行の時に炸裂したと言われる技。どんなものだったかは不明。
ニュー情報局長ギブアップ
にゅーじょうほうきょくちょうぎぶあっぷ
 91年5月号で紹介された技。ギブアップの際に「TRY AGAIN」ではなく「CHANGE COURSE」を選択することで、コースが拡大表示されていくシーンをとばすことができ、元祖情報局長ギブアップより1秒以上早くリトライができる。当時まだ読者だった大出綾太氏が開発。
ケズリ
けずり
 91年2月号で紹介された。スーパージェット使用中に、ガードビームを削り取るように接触し、ショートカットをする技。これをうまく使えば、「MUTE CITY I」のS字ダートを一直線に進むことができる。また、この技を使うことで、スーパージェットの速度変化(560Kmから470Kmの間)の周期に影響を与え、通常4回ループするところを5回ループさせることが可能になる(スーパージェットが長く持つ)。編さんJr.が、91年1月号の最終校正直前のプレイで披露した。
一点読み
いってんよみ
 91年2月号で紹介された。「MUTE CITY I」のS字ダートの、ガードビームとダートの間にある隙間を478Kmできれいに抜ける技。スーパージェットの使えない1周目のタイムを縮めるためには必須の技。「MUTE CITY II」のS字ダートでもジャンプ台を利用した変形の一点読みが可能で、その場合を特に「ジャンプ一点読み」と呼ぶ。
ダブル一点読み
だぶるいってんよみ
 91年4月号で紹介された技で、「一点読み」を2箇所連続で決めること。成功率が極めて低いため、この技を決めた後の残りの4周はプレッシャーが大きくかかり、楽しさを通り越して心臓に悪いという。「MUTE CITY III」のS字ダートでも可能で、その場合は特に「地雷一点読み」と呼ぶ。
けろけろけろっぴー
けろけろけろっぴー
 耐久力に秀でているだけで、他は中途半端なため全く使い道のない緑色の車、WILD GOOSEのこと。91.6で紹介された「けろけろけろっぴーじゃんぷ」は、ジャンプ台の上でピョンピョンと跳ね続ける技で、これも使えない。おまけに、どの車種でもできる。
2007/12/04

_