自然派ワイン

(価格には消費税が含まれていません。別途、消費税が加算されます。)

ジャン・マルク・ドレイヤー

 4代目オーナーのジャン・マルクは、2000年農業開業責任者資格(BPREA)を取るためにオベルネ村の農業学校に3年間通い、2004年、完全に父の畑を引き継ぎドメーヌ・ジャン=マルク・ドレイヤーを立ち上げる。2009年、パトリック・メイエの影響で最初のSO2無添加のワインをピノノワールでつくる。そして、2014年本格的にSO2無添加ワイン一本に専念する。
産地:フランス>アルザス>ロスハイム
生産者:ジャン・マルク・ドレイヤー
畑総面積:6ha
栽培:ビオディナミ
  アルザス・ピノグリ ウェッグ 2015 (白)
2015年は窒素不足により発酵が思うように進まず、終了まで2年かかった。キュヴェ名のの「ウェッグ」はアルザス語で「道」。スペインのコンポステーラに続く巡礼の道がピノグリの畑に通っていたことから名まえを付けた。
自然酵母で24か月発酵、古樽で24か月熟成、ノンフィルター、SO2(酸化防止剤)無添加。
品種:ピノグリ(樹齢20年平均)
price:3570円(完売)
  アルザス・シルヴァネール オリジン2016 (マセラシオン)
ジャン・マルクが初めてシルヴァネールで仕込んだマセラシオン。キュヴェ名の「オリジン」は「原点」という意味。もともと大昔に白ワインは赤ワインと同じくマセラシオンをして仕込んでいたことから。味わいは上品でまとまりがあり適度にスパイシー、骨格と味わいのバランスとれたワイン。
自然酵母で24か月発酵、古樽で12か月熟成、ノンフィルター、SO2(酸化防止剤)無添加。
品種:シルヴァネール(樹齢61年平均)
price:3570円
  アルザス・リースリング オリジン2016 (マセラシオン)
ジャン・マルクのマセラシオンのレベルの高さが垣間見えるリースリング・オリジン。ワイン名は「原点」という意味で、もともと白ワインも昔は赤同様に房ごとつぶして醸すマセラシオンだったことから思いを込めた。白のマセラシオンになると、品種の個性が消えてどれも同じタイプのワインになりがちだが、このリースリングはマセラシオンと品種の個性が感じられ、絶妙なバランスで仕上がっている。
自然酵母で2か月発酵、古樽で12か月熟成、ノンフィルター、SO2(酸化防止剤)無添加。
品種:リースリング(樹齢40年平均)
price:3880円(完売)
  アルザス・ピンク・ポン 2016 (マセラシオン)
ピノノワールとピノグリを半々づつミルフィーユ状に交互に重ねて仕込んだ、限りなく赤に近いロゼマセラシオン。見た目も味わいもほぼ薄ウマ系のピノノワールといった感じ。ピノグリが果実味にボリュームとスパイシーさを与えちょうど良いバランスを保っている。
自然酵母で1か月発酵、古樽で12か月熟成、ノンフィルター、SO2(酸化防止剤)無添加。
品種:ピノノワール50%、ピノグリ50%(樹齢30年平均)
price:3880円(完売)
   
  アルザス・フィステラ 2016 (マセラシオン)
ジャン・マルクが最初にマセラシオン白にチャレンジしたワイン。コンセプトは、ピノグリ、ゲヴュルツという薄っすらロゼ色のブドウ同士をかけ合せてマセラシオンしたらどんなワインになるのだろうという好奇心から。ゲヴュルツの華やかな香りとスパイシーさ、そしてピノグリの豊かなボリューム、この2つがお互い主張しつつも絶妙な塩梅に抑え込み上品に仕上げている。
自然酵母で2か月発酵、古樽で12か月熟成、ノンフィルター、SO2(酸化防止剤)無添加。
品種:ゲヴュルツトラミネール50%、ピノグリ50%(樹齢30年平均)
price:3880円(完売)
  アルザス・ピノノワール アニマ2016 (赤)
2009年に最初にチャレンジしたSO2無添加のワインがこのアニマ。キュヴェ名はラテン語で「生命」「魂」の意、キリスト教では「大地の匂い」という意味もある。アニマは彼の人生を変えた魂のワインであると同時に、ブドウそのものの持つテロワール(大地の匂い)を表現したワイン。
自然酵母で1か月発酵、古樽で12か月熟成、ノンフィルター、SO2(酸化防止剤)無添加。
品種:ピノノワール(樹齢40年平均)
price:3720円(完売)


   ページの先頭へ

フランス自然派ワイン

取 扱 品

原田商店

北海道恵庭市栄恵町70番地
  TEL 0123-32-3017
  FAX 0123-32-3019
営業時間 AM9:30~PM9:00
定休日 日曜日

祝日は営業しますが短縮営業となります。