藤野ワイナリー

藤野ワイナリー

 (価格には消費税が含まれていません。別途、消費税が加算されます。)

 La Mer <ラ・メール>2017(白)  
余市町登地区、三笠市達布で収獲したブドウを使用。可能な限り時期を遅らせ、熟度を持たせた状態で収穫。どの品種も熟度がありながら酸が抜けずにあったためバランスのとれたワインになりました。
それぞれ単独でプレスしたジュースをブレンドし混醸、野生酵母で醗酵、じっくりと熟成。瓶詰め前にSO2を添加、無濾過で瓶詰め。現時点でフレッシュな果実味を楽しめますが、熟成してさらにまとまりが出て味わい深さが出るでしょう。
ブドウ:ミュラートゥルガウ50%、ケルナー17%、バッカス14%、その他21%
生産本数:2455本
price:2500円/750ml
La Route <ラ・ルート>2016(ロゼ)  
さっぽろ藤野ワイナリーで仕込むすべてのブドウ品種から少しずつプレス終盤のジュースやオリがらみ部分のワインを集め、木樽にて熟成させました。結果、熟成期間、オリ付け期間が長くなり、今までにない旨味を持ち合わせたワインとなりました。野生酵母発酵、SO2無添加、無濾過。様々な品種がブレンドされていますので、品種を探して行くよりも「北海道のブドウからできたワイン」の味わいを楽しんでください。
ブドウ:ミュラートゥルガウ、ケルナー、ピノ・ノワール、ツヴァイゲルト、セイベル13053、バッカス、ヤマブドウ、メルロー
生産本数:567本
price:2400円/750ml(完売)
 NAKAIナチュラルスパークリング 2017(白泡)  
余市町登地区「中井農園」産のミュラー・トゥルガウ種、ケルナー種を使用。収穫されたミュラーからスパークリング用に酸がしっかり残っているものを選別し、選果後全房のまま優しくプレス。その後収穫されたケルナーも同様に全房のままプレスしました。発酵中の炭酸ガスを閉じ込めた優しい泡のスパークリングワインです。酸化防止剤SO2の添加は仕込みから瓶詰めまで一切なく、優しく、ピュアな味わいとなりました。また、デゴルジュマン(オリ抜き)もしていないため、にごりのあるスパークリングワインとなっています。
品種:北海道余市町登地区中井農園産 ミュラートゥルガウ91%、ケルナー9%
生産本数:1171本 
price:2500円 /750ml
    甕 ケルナー 2016  
ワイン造り発祥の地といわれるジョージア(旧グルジア)。クヴェヴリといわれる素焼きの甕を用いた伝統的なワイン製法を北海道で再現すべく、知床にある「斜里窯」で特別に素焼きの甕の製造を委託。余市登地区のケルナー種を一部は除梗し、一部は全房のまま甕の中に入れ天然酵母の力で低温発酵。果皮や種を入れたまま熟成。酸化防止剤は無添加。
ワイン造りの原点を見つめ、奥深さや尊さ、北海道で育てられたブドウ、北海道の土でつくられた器、この地に生息する微生物の力、発祥の地に伝わる伝統的な製法。藤野ワイナリーが新たに試みたワインです。
品種:余市町登地区中井農園産ケルナー100%
生産本数:375本
price:3500円 /500ml
クヴェヴリ:斜里窯 中村二夫氏制作(北海道斜里郡) 北海道産の土100%
   甕 ヤマブドウ 2016  
ワイン造り発祥の地といわれるジョージア(旧グルジア)。クヴェヴリといわれる素焼きの甕を用いた伝統的なワイン製法を北海道で再現すべく、知床にある「斜里窯」で特別に素焼きの甕の製造を委託。余市登地区のヤマブドウ種を風通しの良い場所で一定期間陰干しさせ、全房のまま甕に入れしっかりと櫂入れを行い、天然酵母の力でゆっくり発酵させ、果皮や種を入れたまま熟成。酸化防止剤は無添加。
ワイン造りの原点を見つめ、奥深さや尊さ、北海道で育てられたブドウ、北海道の土でつくられた器、この地に生息する微生物の力、発祥の地に伝わる伝統的な製法。藤野ワイナリーが新たに試みたワインです。
品種:余市町登地区 三氣の辺産ヤマブドウ種100%
生産本数:361本
price:3500円 /500ml
クヴェヴリ:斜里窯 中村二夫氏制作(北海道斜里郡) 北海道産の土100%
KOHARU 2017(ロゼ)
創業当時からつくられてきた辛口のロゼワイン。生食用のぶどうをベースに仕込まれ、香り豊か、毎年その年のぶどうから最適なブレンドを求めてつくられてきました。余市町登の長谷川さんのナイヤガラ、キャンベル、バッファロー、旅路、ポートランド、スチューベン、6品種を混醸。混醸したベースのワインに単一仕込みのキャンベルとナイヤガラをブレンドして2017年の「KOHARU」が出来上がりました。野生酵母で醗酵、SO2は瓶詰め前に20mg/L、ノンフィルター。
品種:7品種(余市町登地区ナイヤガラ、キャンベル、スチューベン、バッファロー、旅路、ポートランド、デラウエア)
生産本数:1956本
price:2000円 /750ml(完売)
   アッシジのフランシスコ セイベル13053 2016(赤)  
北海道厚沢部町鶉にて、自然とのバランスをとったブドウ栽培を続けているの進藤貞一さんが栽培したセイベル13053種を使用。ワイン名「アッシジのフランシスコ」は進藤さんの洗礼名。
2016年は厳しい年。熟期の天候不順によって収穫のタイミングが難しく、厳しい選果をしながらの収穫となりました。仕込み時の選果、手除梗に人数をかけ時間もかかりました。
野生酵母で醗酵。樽熟成11か月。無清澄、無濾過のため、にごりやオリ、自然の炭酸ガスが含まれることがあります。
品種:厚沢部町鶉産セイベル13053
生産本数:2804本 
price:2500円 /750ml
 キャンベル・サンスフル 2017(赤)  
余市町・七飯町の契約農家さんで、こだわりをもってつくられたキャンベルを一房一房丁寧に選果しながら、一粒一粒、手で除梗。セミマセラシオンカルボニックからはじめ、状況を注意深く見守りながら何もしない管理を続け、徐々に野生酵母で醸しながら5日収穫分は36日後、16日収穫分は31日後に圧搾。醸し期間の抽出はできるだけ優しく行いました。無清澄、無濾過で瓶詰(MLF発酵が終わらないうちに)。瓶詰もポンプを使わず重力を用いて行いました。酸化防止剤無添加、瓶内で自然な炭酸ガスが発生し、酸化が抑えられ生き生きとしたフレッシュな果実味が保たれます。野イチゴや野ばらの落ち着いた香り、フレッシュな果実味と優しい酸。甘酸っぱいイチゴのような余韻、滑らかさもあります。
品種:余市町登地区キャンベル
生産本数:1355本
price:2000円 /750ml
  シードル ブラムリー 2017  
余市町登地区「三氣の辺」(みきのほとり)産のりんご100%のシードル。英国で1808年から作られている伝統的なクッキングアップル、ブラムリー種を使用しています。
開けたてはやや還元的な香りもあるが、徐々にブラムリー特有の青リンゴのはつらつとした蜜の香りを感じることができます。よーく冷やして、わいわいごくごく飲むのもあり、家庭料理に合わせるのもよいです。ワイングラスもいいですが、陶器のコップも合います。気兼ねなく楽しくお酒を飲むシーンにお勧めです。
品種:余市町登地区三氣の辺産ブラムリー
price:1600円 /750ml
ナイヤガラスパークリング  ナイヤガラ ナチュラルスパークリング 白 2017
余市町登地区の契約農場で育てられたナイヤガラを使用し、天然酵母の力で発酵させた際に出る自然の炭酸ガスをそのまま閉じ込めました。アカシアやランの花を思わせる甘い香りに、柑橘系のさわやかな酸味とほろ苦さが泡とともに広がる、優しい口あたりの辛口スパークリングワインです。酸化防止剤無添加、味わいのやさしさを保つためろ過は行わず、2次発酵後のオリ抜き(デゴルジュマン)もしていません。そのためぶどう本来のオリや酒石が含まれていることがあります。
品種:余市町登地区ナイヤガラ
price:1800円 /750ml(完売)
 ツヴァイゲルトレーベ 2016(赤)三氣の辺 
余市町登地区、減農薬により果樹園を営む三氣の辺(みきのほとり)で丁寧に栽培されたツヴァイゲルトレーベ種をひと房ずつ選果し、除梗、破砕したのちに天然酵母の力で発酵をスタート、その後樽内発酵、樽内熟成を行っています。
湿った森の木々や土のような落ち着いた香りの中にスミレの華やかさ、ほのかに黒胡椒のスパイシーさも感じられます。優しくやわらかな口当たり、黒いベリー系の果実味としなやかな酸が心地よい余韻をもたらします。
品種:余市町登地区ツヴァイゲルトレーベ
生産本数:841本
price:2600円 /750ml(完売)
ページの先頭へ