共栄堂ワイン

共栄堂ワイン

四恩醸造の醸造・販売責任者であった小林剛士さんが四恩醸造を退社、独立してワイン造りを継続しています。醸造場所は山梨市牧丘にある三養醸造を間借り。ワインのスタイルは四恩醸造の時の延長線上にあると思われます。ワインは野生酵母で発酵させ、酸化防止剤(亜硫酸)は可能な限り使用しない。無濾過、無清澄で仕上げるため、濁っているのが普通の状態。炭酸ガスが残っていることもあります。低価格で毎日でも飲めて、庶民の懐にやさしい、日本のナチュールワインの伝道師です。
(価格には消費税が含まれていません。別途、消費税が加算されます。)


K16FY DD (共栄堂2016年冬リリースの橙
濁りを伴った橙色。メロンやグアバ、ジャスミンやスミレのような花の香りがします。甘草・シナモンのようなスパイスにピールから皮やキノコ系の熟成やオフフレーバー系も多様的に薫ります。口中はねっとりとしていてクレヨン系の重みと和柑橘系の果実味。杉などの木質系も感じます。余韻は木質系と青めの酸で終わるといった感じです。
樽熟成1か月とタンク熟が約半分づつの甲州種100%ワイン。今年はちょっと味わい強めです。

品種:甲州種100%
price:1500円 /720ml(完売)
*店頭販売のみとさせていただきます。取り置きはご遠慮いただきます。









ページの先頭へ