ドメーヌ・タカヒコ

ドメーヌ・モン

ドメーヌ・モンはドメーヌ・タカヒコの曽我貴彦氏の下で2年間栽培と醸造を研修した山中敦生(やまなかあつお)氏が2016年から独立し、北海道余市郡余市町登町の標高50mに位置する約3ha(栽培面積は1.8ha)の畑で初年度にピノグリのみ2,200本植樹した農園兼醸造所です(2018年までにピノグリ6,000~7,000本植樹予定)。
畑のある場所は15年以上耕作放棄されていたので白樺や松などが生え、森と化していました。そこをチェンソーで1本1本切り倒し、枝を払い運びだし、抜根して整地しました。畑は日当たりの良い東向きの傾斜地で水はけも良く、長年使われていなかったので農薬や除草剤、化学肥料などは残留しておらず、ミミズをはじめ、てんとう虫やクモ、バッタ、アリなど多様な生物が多く生息している畑です。

(価格には消費税が含まれていません。別途、消費税が加算されます。)

  Monpe (モンペ)2016 
Monpe(モンペ)はドメーヌ・モンが醸造したペティアンという意味です。自園のワインができるまではドメーヌの位置する登地区の契約農家さんが育てたナイヤガラ、バッカス、ケルナーを使用します。
登地区で収穫されたぶどうを原料に、野生酵母にて自然発酵し、亜硫酸(酸化防止剤)は一切使用していません。また、発酵由来の炭酸ガスも閉じ込められており、微発泡です。
ナイヤガラを醸し発酵させたためオレンジがかった色合いになり、無濾過、無清澄のため、若干の濁りもあります。

ぶどう:ナイヤガラ86%、バッカス8%、ケルナー6%
ぶどう産地:北海道余市町登町ぶどう100%
発酵:野生酵母(自然発酵)
亜硫酸:無添加
750ml 1800円(瓶詰本数:2700本)完売しました

  
 











ページの先頭へ