ドメーヌ・タカヒコ

ドメーヌ・タカヒコ

ドメーヌ・タカヒコドメーヌ・タカヒコは北海道余市町登地区にビオロジックで管理された農場(ナナツモリ)と醸造場を持つ家族経営のワイナリー。 醸造及び栽培の責任者は曽我貴彦氏。氏の実家の小布施ワイナリー(長野県)とココ・ファーム(栃木県)での経験と実績をもとにつくるワインは、少量生産ながら沢山の支持を得ています。ピノ・ノワールをビオで栽培し自然酵母でナチュラルなワインを造る、北海道余市の可能性と北海道のピノ・ノワールの可能性に挑戦しています。 「ナナツモリ」は自家農園産ピノ・ノワール100%でつくるワインです。

(価格には消費税が含まれていません。別途、消費税が加算されます。)


 ドメーヌ・タカヒコ ナナツモリ  ドメーヌ・タカヒコ
ナナツモリ ピノ・ノワール 2015
 
ドメーヌ・タカヒコの所有する4.5haの区画「ナナツモリ」はビオによりピノ・ノワールのみが栽培されている区画。2015年ヴィンテージは収穫直前の9月下旬まで天候に恵まれ病果もなく、これまでで最高のヴィンテージになると期待していたが、収穫2週間前の台風が原因でボトリチス(貴腐)が発生。しかし丁寧な選果により収穫量は減ったものの非常に品質の高いブドウが確保できた。2014年は後半の抽出を伸ばし、スパイシー香を強めすぎたため、2015年からはスパイシー香を少し抑え果実味がもう少しきれいに表現できるよう、後半の抽出を抑えた。キュべゾンは2014年同様に40日前後まで伸ばし、全房による発酵、亜硫酸は添加しない。2015年からは瓶詰めにも亜硫酸無添加。香りはピノ・ノワール香の中に、ビーツ、シナモン、ストロベリー、ミント、腐葉土、マツタケ、チェリー、黒スグリ、スミレ、クローブなど。亜硫酸無添加のため開き始めているが、酸やタンニンは固く、若々しい。抜栓の理想は2年以上の熟成です。
裏ラベルの家紋の透かしがないロット700本は亜硫酸が10ppm添加されている。
<セパージュ:ピノ・ノワール100%>
発酵:全房・野生酵母(自然発酵)
亜硫酸:添加なし(700本のみ瓶詰直前に10ppm添加)
750ml 3700円(瓶詰本数:7500本)入荷待ち
  
   ドメーヌ・タカヒコ
ナナツモリ ブラン・ド・ノワール 2015

理想的な貴腐(ボトリチス)に感染したナナツモリのピノ・ノワールだけで造られたナチュラルな辛口スティルワイン。そのため、年により生産量が大きく変わり、醸造されない年もある。2015年は収穫直前まで貴腐に感染していなかったため、製造する予定はなかったが、10月初旬の台風の影響で傷ついたブドウ房に貴腐菌が発生したため、急きょブランドノワールを製造することとなった。2015年のブランドノワールは、2013年、2014年と比較し、感染初期の貴腐ぶどうの割合が高い年であったため、アルコールは13%と例年より低く、ワインの味わいもドライに仕上がっている。発酵は3日~14日間マセラシオンをした後、圧搾、野生酵母にて発酵。MLFも完全に終わらせているため、香りにナッツ、バター、天津甘栗、シトラス、ベッコウ飴、ハチミツ、紅茶、オレンジピールなどの香りが口の中で広がる。このワインは様々な食材と違和感なくマリアージュし、チーズ、鳥レバーやフォアグラ料理、または、ゴマダレのしゃぶしゃぶや鍋野菜料理などの日本料理にもおすすめ。2年以上熟成させてから飲んでいただきたい。
<セパージュ:ピノ・ノワール100%>12か月小樽熟成(古樽)
発酵:全房・野生酵母(自然発酵)
亜硫酸:MLF後と瓶詰直前に添加
750ml 3600円(瓶詰本数:1000本)入荷待ち
 ドメーヌ・タカヒコ パストゥグラン


タカヒコ・ソガ
ヨイチ・ノボリ  アイハラ パストゥグラン 2015

ブルゴーニュのパストゥーグランをイメージして醸造したワイン。ツヴァイが持つブラックチェリーとピノ・ノワールが持つイチゴやクローブの香りの絶妙なバランス。2015年はピノ・ノワールが70%ブレンドされているため、これまでにない旨味と長い余韻があり、心地よい果実味の中に繊細で複雑な香りとを持つワインに仕上がっている。現在、パストゥグランに使用されるブドウの全ては、登地区の粟飯原ヴィンヤード(三氣の辺)のものが使用されており、ラベルには「Aihara」の文字が入る。農園はリュットリゾネで管理され、そこで収穫されるツヴァイとピノ・ノワールの品質は非常に高い。今飲んでも非常に魅力的なワインだが、2017年の12月まで熟成を希望、さらに熟成すれば驚きのワインに化けるヴィンテージと期待している。このワインは自園のブドウではないため、ラベルの表記は「タカヒコ ソガ」のワインとなっている。
<セパージュ:ピノ・ノワール70%、ツヴァイ30%>12か月小樽熟成(古樽)
発酵:全房・野生酵母(自然発酵)
亜硫酸:添加なし
750ml 3500円(瓶詰本数:4500本)入荷待ち
   タカヒコ・ソガ
ヨイチ・ノボリ コハル 2014

余市町登地区で農業を始めた若き1人の女性、コハルさんは自然と向き合いビオでワイン葡萄の栽培に取り組むヴィニュロンです。2013年よりコハルさんより葡萄を譲り受けてドメーヌ・タカヒコでワインを醸造している。ボジョレー地区で古くから行われている醸造法をイメージして、自然な方法でワインの醸造を行った。
スミレなどの花の香りの中にバナナ、クロスグリ、チェリーの香りが溢れだす。ツヴァイの特徴的な苦みがなく、非常に口当たりが優しいワインです。2016年の春の段階では、非常に香りが閉じているので、抜栓は2016年10月以降がおすすめ。
<セパージュ:ツヴァイ 100%>12か月小樽熟成(古樽)
発酵:全房・野生酵母(自然発酵)
亜硫酸:瓶詰前におまじない程度
750ml 2700円(瓶詰本数:800本)完売
 

ページの先頭へ