平成27年度活動指針

            

平成24年度隣国中国貴陽市から訪日団を迎え楽しい交流会を以って市・民間団体と今後
一層の交流が流れていくこととおりましたところ、中国指導部の方針でしょうか、通信も途絶
えて心配も致しましたが歴史に基ずく私共協会の積極的活動により民間関連の活動は指導
部を動かす活動となり新しい歴史を創り始めました。
  私共、恵庭日中も如何なる事態にも友人を忘れず人のため、世のため事業を展開して、
いきましょう。
恵庭市にも多くの中国からの客人が来ています。恵庭市の発展のためにも国際交流の立場を
活かして行きましょう。


      今年の活動を下記の様に標します。


 1・会員同志の団結、相互の語り合いを重ねる。

 2・5月27日関西空港より貴陽市空港への直行便の開設(火・木・金・日)
   に伴い、恵庭にも貴陽市からの観光客が訪れることが予想される。
   益々、協会にも更なる友好交流活動の重要性が必要となって参ります。

 3・観光客にたいする「おもてなし」「中国語」による日常会話の必要性が自然
   と求められる。

 4・留学生が楽しく学べるよう、精神的援助に努める。

 5・将来「花の街、恵庭」の名の下に観光客を招いて交流を計りたい(ホームステイ)


以上会員の皆様と共に常に国際社会に奉仕する者として助け合い、語り合って
継続して参りたいと思います。


                平成27年5月24日
                恵庭日中友好協会  会 長  斉藤 昭子