新着情報

平成30年度恵庭日中定期総会

平成30年度恵庭日中の定期総会を開催しました。
今回は、市長が所要の関係により欠席されましたが、代わりに教育長よりお言葉をいただきました。
今回は、会長、副会長の新規交代による新しい当会の活動がスタートすることになり、6月3日をもって
草の根活動を展開するにあたり、更に会員の増員に努め、道日中との連携のもと、日中友好交流活動の
を輪を拡大していきますので、今年度も皆様にご協力とご支援をお願い申し上げます。

   
 教育長を迎えて  総会を終えて記念撮影


中国語講座(2015年度修了式)
会長出席のもと2015年度中国語講座の修了式を3月26日、昼は、中級課程、夜は初級課程に分かれて
一年間、文教大学大学院より派遣された留学生を講師に迎え、全身全霊をもって、異業集や様々な年代から
受講するなか講師より国際語としての中国語、近代の風俗、習慣を楽しく学ぶことができ、またイベントを
通じて市民、協会での日中友好交流活動にも参加し講師にとって日本文化を吸収でき意義ある中国語講座
の時間となりまた、茶話会の席では、一緒に学んだ仲間として講師に対して、一人一人が思い思いの感謝の
言葉を述べ本当に清々しい修了式となりました。

   
 会長挨拶  修了証の授与


新年交礼会に参加
平成28年度、恵庭市新年交礼会に参加し、各界の恵庭市関係者が一同に集まる会に会長と共に
出席しお互いに新年の挨拶を交わし交流することができました。この行事は毎年、
市役所のホールで立食による
パッーテイなので、恵庭市長の新年の挨拶から
始まり、お互いに新年の五穀豊穣を願いまた、ご多幸を願い、日を改めて挨拶に
出向かなくても、この席を利用して交流することができ、私どもの日中も日頃の
活動に対して御礼を申し上げることができとても参加しやすい場とごなっている
ので毎年、設立以来参加しています。

   
 会場でのスナップ  参加者との交流風景


2015年度懇親忘年会の開催

2015年12月13日(日)駐札幌中国総領事館より総領事を迎え、恵庭市より市長、道議会議員、教育長、国際交流担当
をはじめ道日中より名誉顧問、事務局長、札幌日中より2名も出席し盛大な懇親忘年会を開催することができました。
総領事も恵庭は今回が初めてということもあって、懇親忘年会への出席者にたいして、流暢な日本語で、
両国との交流活動の大切さを強調し次世代に繋がる、若者の交流を増やし皆さんも今まで通り、日中
両国はお互い大切であり、活動に貢献して頂きたいとのメッセージを頂きました。
今回も年の瀬にふさわしい多忙な時にこうして総領事を迎え、留学生も交えて、和やかに
有意義な一時を過ごし、閉めの乾杯にも日中が今日は「一つになった」との言葉で
閉会となり素晴らしい懇親忘年会となりました。

     
 総領事と市長との懇談  道日中より参加  留学生の紹介(7名)


中国人殉難者供養会に参加

   
 中国人殉難者への焼香をする  留学生と共に、中国人供養会に参加

 今回は、中国人殉難者への供養会参加は、留学生3名、協会からは事務局・監査をはじめ道日中より事務局長が参加し、
栗山町社協の主催で、執り行われました。今年は戦後70年の節目の年でもあり、このように栗山町の皆様がここまで、維持管理を続けて
来られたことに本当に、一言で言葉に表せられない感謝の気持ちで一杯になりました。現在において、日中間は厳しい環境のなかで、こうして
両国の平和があるのも、この地で犠牲になられた方を思う気持ちが、お互いに忘れることなく今日の平和を願う大きな礎となって、実行委員長の
町長さんも、この行事は続けていきますと述べられ、また留学生三人にもこの地で行われていることを中国に帰国したら、伝えたいと交流の席で
述べていました。これからのも、両国の交流のなかで、お互いに参加できる機会を増やし、日中友好交流活動を展開していきます。


             第24回サッポロビール「おんこ祭り」に参加  

第24回サッポロビール「おんこ祭り」に参加 水ギョーザ・焼きギョーザを販売し日中友好交流

  今年度もサッポロビール「おんこ祭り」に你好店を出店し、市民の皆様へ「手作りギョーザ」5000個を水ギョーザ・焼きギョーザとして市民  の皆様に提供し、
恵庭日中をPRすることができました。いつも恒例になっている手作りギョーザを来店して頂いた市民の方々より「今年  もギョーザ」を食べるのを楽しみにしていたよと、
嬉しい言葉を掛けて頂き、本当に感謝で一杯になりました。今年は、留学生が学校の行事と重なって、一緒に交流できませんでしたが、今日の日を迎えるにあたって、
多くの留学生・協力者の皆様の応援で、ギョーザ作りに汗を流して頂き、当日の「你好店」での、完売をすることができ、また、多くの市民の皆様から、
声を掛けて頂き、厳しい暑さのなかで、「熱中症」にも罹らず、無事、成功裡に終了でき、本当にありがとうございました。
  これからも、当会は、「草の根」活動を展開して参りますので、今後とも御支援、ご協力をお願い申し上げます。


 恵庭日中懇親忘年会

今年度は、日中友好40周年の記念すべき年として一年を通して「友好交流年」の名のもとに、各地で、様々なイベントも
開催されて参りましたが、あと何ヶ月で「友好交流年」が終わろうとしていた矢先に、日中双方において「交流年活動」へ
の障害が発生し、イベントも中止になったり、マスコミ報道を賑わす問題のなかで、今日まで、先人の築き上げた日中友好
交流の貢献を無にするような出来事に私どもは、日中両国の関係がこのままの突っ走っていいものかと会員の一人として
ここに、問題を提起し、今日までの40年の日中友好交流には、先人の様々な苦労と対話のなかで、荊の道を切り開き
今日を築いて来た、貢献を忘れてはならないと思います。私どもの協会は小さくても「今まで通り」の草の根活動を展開して
参ります。今回は、懇親忘年会ということで、12月9日、札幌総領事館より領事二名、道本部・恵庭市より市長教育長・
国際交流担当者4名・留学生9名・中国語講座生・協力者・会員を合わせて43名の参加者のなかで鍋料理と海鮮
料理を囲んで日中友好交流の一時を過ごしました。本当に、参加者の皆様ありがとうございました。

会長より挨拶 領事館より領事を迎えて
総領事館より張領事の御挨拶 留学生との日中友好交流 参加者交流の一コマ



 領事館での卓球大会に参加

12月1日(日)駐札幌中国総領事館での青年委員会主催の第8回卓球大会&懇親会に参加
しました。恵庭からは、昨年同様に恵庭柏クラブの小学生チームが監督・コーチ・事務局と一緒に
参加しました。今年は、小学生・中学生チームが2チーム増えて、領事館での会場のなかは、若さ
溢れる大きな歓声でとても賑やかな卓球大会になりました。懇親交流会のなかで、総領事から、このよ
うに若さあふれる大会に、日本と中国の青年が将来に向かって交流することができれば、日中友好交流
への発展に繋がっていって欲しいと願っていますとお言葉がありました。

領事館での第8回卓球大会&懇親会
恵庭柏クラブ「ファイト!!」 総領事より大会を終えてチームへの賛辞


 第23回おんこ祭り「你 好 店」


7月1日、日中国交正常化40周年記念事業として、サッポロビール工場での「おんこ祭り」に留学生6名と一緒に
市民との日中友好交流活動を展開しました。今年度も昨年同様に、広州・西安出身の留学生と一緒に、当会有名な
手作り餃子・串焼き鳥を販売し、当会をPRすると共に、横断幕には、日中国交正常化記念事業と掲げて「你 好 店」
に来る市民の皆様との温かい交流をし、留学生自身も今年、初めての体験に本当に「楽しかった」と語っていました。
留学生もこれを機会に恵庭での留学生活に大きな自信になることでしょう・・・・・。
 今回は、昨年より商品は、量的には少なかったけど、会員・協力者・留学生の頑張りで、完売となりました。
本当に、協力して下さった、皆様に厚く御礼を申し上げます。

手作りギョーザ(協力有難う) 初めての体験・よく頑張ったね! 美味しい焼きギョーザはいかが!


 今年度は、日中国交正常化40周年の記念すべき年にあたり、この一年を通して、日中双方に対して
友好交流年と名のもとに日中友好協会では様々なイベントが開催されています。我が協会も中国、貴陽市
と恵庭市の両市おいて友好交流を26年の永きにわたり続けている関係により、5月22日~27日まで訪中団
を編成し貴陽市を会員・市民合わせて10名により初めての方、6年ぶり、4年ぶりに訪問することになりました。
訪問を機会に貴陽市では両市の26周年記念式典を開催するとのサプライズの知らせも入り、貴陽市では、
心温まる盛大な記念式典を開催して頂きました。現在の貴陽市の西部開発による目覚しい発展には、一口
で語ることのできない発展と各地での中国の勢いを見せつけられました。

 また、貴陽市の白雲区に造園された「中日桜花園」には、大遊園地も設けられて、貴陽市人民の子供達の喜ぶ、
たくさんのミュウジアムがあり建立された「中国 貴陽市」・「日本国 恵庭市」の碑のそばには、2002年に植樹
された桜、数十本が今年は4月には満開となり多くの人民が訪れて、新たに恵庭市について関心を寄せている
との、外事弁公室の職員から嬉しい話がありました。また、桜を守ってくれる職員さんも、恵庭市の皆さん安心して
下さい、私達は、ずっと、ずっとこの美しい「桜の木」を守って、行きますと力強い挨拶を頂きました。「本当に有難う」
と感激で一杯になりました。真の中日友好の証をかみしめることができました。

会長挨拶 中日桜花園
会長挨拶 中日桜花園の碑・2002年建立 バックは、桜 貴陽市外事弁公室の皆さんと
桂林 苗族の歌手
桂林観光(漓江下り)の旅 ・墨絵の世界 苗族の正装(歌手)西江の民族村にて 上海のタワーをバックにして


卓球大会
2012年領事館での卓球大会に参加(恵庭柏クラブ)
小学1年生の初戦突破の活躍 大人の強豪チームを破り優勝 優勝し総領事との記念撮影

 先日、2月12日(日)札幌総領事館で行われた、道日中青年部主催の卓球大会に恵庭から柏小の卓球クラブチームが3年続けて参加し
大人のチームの中で堂々たる試合展開の末、7年間の中で初めての小学生チームの優勝という快挙となりました。一昨年、昨年は、一つの勝利を得ることも出来なかったチームが今回は見違える程のレベルアップの中で健闘し、ポイントの瞬間に大きな声援と拍手を頂き、参加した小学生も今後の大きな自信となっていくことでしょう・・・・。また、ここまで、卓球を通して指導して来られた監督・コーチ、理解ある保護者の方々に敬意を表さずにはいられません。終了式に総領事が話された言葉の中に、今一番、大切なのは、中日友好交流なんです、また卓球を通じての交流も大切ですと声を大にして話されました。こうして、恵庭から若い希望の光が将来に向かって照らされ始めたことは、
日中国交正常化40周年にふさわしい記念すべき幕開けとなりました。


中国人殉難者之墓に参拝

7.7集会

8月7日(日)栗山町(社協)主催による、中国人殉難者供養会に当会より3名、
中国人留学生4名が参加しました。この殉難者の墓には、先の大戦による中国人の強制
連行による炭鉱労働者として、再び祖国の地を踏むことのできない250数名の方が眠って
います。その供養会を毎年栗山町の皆さんが8月7日になると執り行っています。その様子を
留学生に話をすると私達も是非、参加させてほしいとの申し出により当会の役員と一緒に参加
することができました。栗山町長の殉難者に対して述べられた「言葉」のなかで留学生も強く
複雑な気持ちを持ったかも知れません、二度とこのようなことを繰り返すことなく世界平和のために
今後も継続して参りますと誓っておられました。また供養会の後、「直会」の席で留学生の自己
紹介の中で、流暢な日本語で、感謝の気持ちと両国の友好関係について貢献していくことを述べ
参加された栗山町の各会の皆様から好感と質問があり丁寧に受け答えをされ本当に参加して良かった。

 第22回「おんこ祭り」に出店

水ギョーザは、いかがですか 留学生と一緒に日中友好交流

今年度もサッポロビール主催によるだい22回「おんこ祭り」に留学生と一緒に、「水ギョーザ」「焼きギョーザ」
串焼き鳥を販売し、市民の皆様に当会の活動をPRし楽しい有意義な日中友好交流をすることができました。
留学生の中には、今年4月に来日した学生もおり、大きな声で、市民の皆様に「いらしゃいませ」「有難うございました」
と上手に声を掛けながら市民との交流に一生懸命に汗を流し日中との絆を深め、今後の学生生活にも生かされることと思っています。



恵庭日中定期総会における会長挨拶

 5月22日(日)、2011年度定期総会を開催し、議案審議を行い、異議なく可決され
総会を無事終了することができました。また新年度主要行事予定にのっとり活動を開始しました。


平成23年2月28日(月)貴州省対外友好協会、陳代表団一行5名が、東京本部での日中交流会議の
調整を終えて帰国の際、20数年来の友好交流関係にある貴陽市との関係により、恵庭市長を表敬訪問
をされました。代表団一行は、今年、貴陽市で実施される日中交流会議に是非、恵庭市長も貴陽市を訪問
の要請と今後の両市の関係について、深く関わっていきたいとの話をされました。その後、当会では、昼食
会を開催し、国際交流担当、道本部の理事長を迎えて互いの友好交流の一時を過ごしました。

貴州省対外友好協会代表団、陳団長一行5名来恵 代表団長一行5名、恵庭市長表敬訪問