ALL ABOUT ベーマガ

CHALLENGE HIGH SCORE!

ちゃれんじはいすこあ

CHALLENGE HIGH SCORE!
ちゃれんじはいすこあ!
連載
期間
84年1月号〜99年3月号
連載
回数
全183回/休載なし
担当うる星あんず(84.1〜86?)/見城こうじ(86?〜90.5)/宮塚秀己(89.11〜92.4)/やんま(90.3〜91.10)/押田隆太(91.12〜99.3)/宮崎良太(91.12〜99.3)
投稿
要素
なし(ハイスコアを出すことによる名前の掲載有り)
 全国のゲームセンターのハイスコアを集計し、ランキングを掲載したコーナー。84年1月号の「スーパーSOFTマガジン」内で連載開始。
 初代担当は、うる星あんず氏。その後、見城こうじ氏が担当となり、89年11月号から宮塚秀己氏がアシスタントとして参加。見城氏の引退後、91年11月号までは宮塚氏・やんま氏の2人体制に。その後、押田隆太氏・宮崎良太氏へと引き継がれた。
 
 第1回の参加店舗は26店。同年9月号には100店を越え、歴代最高の123店となった86年7月号では、多すぎてチャレハイに載せきれず、他のコーナーのスペースにも分けて掲載された(ちなみに、90年10月号の企画内で、50号記念号は114店だったと書かれているが、まさにこの別コーナーに載った6店舗を数え忘れているので本当は120店である)。
 90年末頃から100店を切ることが多くなり、最終回では61店だった。平均参加店数は91.8店。

 長く連載したコーナーだったが、200号リニューアルの影響で、予告もなく突然終了してしまう。
 84年1月号から10月号の表紙では「チャレンジ SUPER HIGH SCORE!」と表記されている。
 なお、掲載されたスコアは当サイトで検索できる。  
チャレハイ集計後記
ちゃれはいしゅうけいこうき
 90年9月号から、チャレハイ最終ページに不定期で掲載されていたコーナー。前月に掲載されたスコアの訂正や、担当者(やんま氏・宮塚氏)の個人的な近況報告(スキーや温泉に行った話)に使われた。
チャレンジ・ハイスコア年間集計
ちゃれんじはいすこあねんかんしゅうけい
 その年のアーケードゲーム業界を、ランキングを通じて総括する、年末年始の恒例企画。
 初回(86年分)はチャレハイに登場した回数を単純に集計したランキングだったが、翌87年からは読者による人気投票とゲーム・センターのインカムも集計され、より正確に世間の評価を反映するものになった。なお、86・87年に実施されていたチャレハイ登場回数によるランク付けは、スコアのないゲームが選外となり不公平が生じるため、88年以降はランキングに反映されなくなった。89年に「ビデオゲームグランプリ」と改題。

 各年の結果 1986年〜1988年
ビデオゲームグランプリ
ひでおげーむぐらんぷり
 「チャレンジ・ハイスコア年間集計」のタイトルを改めたもの。89年から97年まで。
 年々、結果発表号がズレこみ、96年と97年は翌年5月号での発表となった。

 各年の結果 1989年〜1997年
チャレハイ
ちゃれはい
 「CHALLENGE HIGH SCORE!」の略。この略称で呼ぶ事が多い。
某K氏の呪い
ぼうけーしののろい
 90年8月号のチャレハイで、店別集計ページの掲載タイトルが、他のスコアの備考欄と合成されていた(例:『R6ボス手前ファイナルラップ』)という、比較的規模の大きな誤植のこと。担当の二人(宮塚・やんま)は理由がよくわからず、宮塚氏は某K氏の呪いかもしれないね。(90.9p274)と発言。当時、長年チャレハイを担当していた見城こうじ氏が引退し、集計の誤りが目立つ中に発生した。
2007/12/04

_