マール/ペンダント

物語の始まりは、全てここから。
鳥山先生の描いたイメージ画に、ペンダントを手に
マールがクロノと語らってる絵がありますが、イラスト自体はもちろん、
絵のタイトル(確かSFC版特典のカードにつけられてた題)も好きです。
「ペンダントの思い出」。
代々伝えられる中で積み上げられてきたであろう無数の想いと、
マール自身が時空を旅する冒険を通じて重ねた想い。
それらがきっとペンダントに集約されてるんだろうなと思います。
個人的な妄想設定だと、他にもいくつか意味を含んでますが
(母親の形見としての意味合いも強いだとか、
リーネ広場での出会い以前にもクロノにペンダントを拾ってもらったことがあるだとか、
クロノとの絆を示す「友達のしるし」として彼に預けただとか)。

ペンダントはイメージ画・SFC版攻略本アイテム絵・PS版ムービーで
それぞれデザインが違いますが、個人的にはPS版ムービーのが好み。
で、自分で描く時はPS版ベースにSFC版攻略本のデザインが微妙に混じってます。
宝石部分のイメージ的にはサファイアっぽい感じ?
でも、元々はグランドリオンと同様、ドリストーン(赤き石)から作られたんでしたっけ。
ルビーとサファイアの主成分のコランダムみたいに、
成分自体は一緒でも色の違いがある輝石なのかなー、とか思ったり。


<<<企画目次

<<<イラスト目次

<<<クロノトリガー目次

<<<TOP