● 遠い約束 ●




 穏やかな夜更けだった。
 漆黒の天鵞絨に無数の真珠をまぶしたような空が、一面に広がっている。
 その中に浮かぶ満月を、マールは一人、草の海に腰を下ろして眺めていた。……どこか、憂いを湛えた表情で。
 仲間たちの眠るテントからは少し離れているこの場所では、おとなうものと言えば、虫の歌と時折の風の声より他にない。自然が作り出した静寂の空間は、そこだけまるで時の流れからはぐれてしまったかのようだった。
 …と。
 彼女の後ろの方で、かさり、と足音がした。
 マールは驚いて振り返った。
「クロノ……」
「マール? どうしたんだよ、こんな夜遅くに、こんな所で」
 言いながら、クロノがやって来る。
 マールは小さく笑った。
「そういうクロノこそどうしたの? いつも真っ先に寝ちゃってて、朝まで起きてこないのに」
「ん……いや、昼寝したから、なんか目が冴えちゃってさ。散歩でもしようかと思って」
 クロノは決まり悪そうに頭を掻いた。
「で、マールは?」
「私? 私はね……月を見てたの」
「月?」
 ぱちくりとまばたきをするクロノに、マールはうなずき、
「ほら、見て。すごく綺麗」
 西に傾きかけてきた月を指さした。
 ほの青い月は、一種幻想的な美しさで真円を描いていた。
「ほんとだ」
 空を仰いでクロノは素直に同意した。
「……ね、クロノも座ったら?」
「え? ああ」
 言われて、クロノは、足を投げ出すようにして腰を下ろした。
 二人、並んで月を見上げる。

「クロノ……こんな話、知ってる?」
「ん?」
 クロノがマールの方を見る。
 マールは膝の上に頬杖をついて、月に視線を注いだまま続けた。
「昔、あるところにお姫様がいてね。そのお姫様のことを見そめた王様がいたの。お姫様も、その王様のことが大好きだったわ。でも、お姫様は、決して王様の想いに応えようとはしなかった。いくら求婚されても、断わってしまったの。……なんでだと思う?」
「……?」
 クロノは、マールがなぜ突然そんな話を始めたのか全くつかめず、困惑した。
「さあ……オレにはわからないけど」
 首を傾げるクロノに、マールは微苦笑をもらし、悲しげに睫毛を伏せた。
「……お姫様はね、本当は月の世界の人だったのよ。とっても遠い、月の……。時が来たら迎えがやって来て、どうしても帰らなければならない。王様とは、お別れしなければならない。だから、王様のことをどんなに好きでも、応えることはできなかったの」
「ふうん……」
 クロノは曖昧にあいづちを打った。何と答えてよいかわからなかった。
 なんとなく気まずい心持ちがして、クロノはテントに戻ろうかと立ち上がりかけた。
 だが、
「待って、クロノ! まだ続きがあるの」
 マールがその手をつかんで押しとどめた。
 クロノはちょっと困ったような顔で座り直した。
「……続きって?」
「お姫様が帰る満月の夜に、王様はたくさんの兵隊を雇って、なんとか迎えを追い返そうとしたわ。でも、結局それはできなくて、お姫様は月に戻ってしまった。二人は永遠に離れ離れになってしまった……」
「………」
「ねえ、クロノ。もし私がそのお姫様で、クロノがその王様だったらどうする? やっぱり同じように、迎えを追い返そうとする? お姫様に、行くなって、ここにいろって、言ってくれる……?」

 たとえ、それが叶わないことだったとしても ――

 その言葉を、マールは涙と一緒に無理やり呑み下した。
 いつかは城に戻らなければならないという厳然と目の前に横たわる事実を、嘘でもいい、無意味でもいいから、否定してほしかった。
 だが、クロノは無言で首を横に振った。
 マールの表情に、落胆が広がる。
「そう……そうよね」
 かすかに震える声でマールは呟き、うつむいた。喉の奥がひどく痛んだ。
「ごめんね。変な話、して……」
 立ち上がり、クロノに背を向けて歩き出す。
「……おやすみ、クロノ」
「マール!」
 その背に、クロノは呼びかけた。マールがぴたりと立ち止まる。
「……会いに行くよ。オレだったら」
 マールは振り返った。涙の雫が細かな粒になって宙に散る。
 クロノは立ち上がり、言った。
「どうしても帰らなきゃならないなら ―― 待ってる人がいるなら、引き止めたりしない。だけど、どんなに離れてたって絶対行くよ。お姫様に……マールに会いに」
 こちらを見つめるクロノの双眸には、二つの満月が宿っている。
 ……それは、その月は、憂鬱を思い出させるものでは決して無く。
「うん……! きっと…必ず会いに来てね……!」
 マールは微笑んだ。
 降り注ぐ柔らかな月明かりが、二人を照らしていた。


 −END−



<オマケのあとがき>

(1)「もうそういた」への投稿作品。テーマは『遠距離』。……読み返してて、恥ずかしさのあまりもんどりうって倒れたくなりました。すっごいもん書いてたんですねー当時の私……。そして今になって気づきましたが、裏ページの某話とシチュエーションかぶりまくりですよ。うわー。

(2)『まもって守護月天!』でかぐや姫をモチーフにした話を読んで、その時に思いついた話でした。もともとこのネタ、クロノ×マールじゃなくてDQ6の主人公×バーバラで使うつもりだったんですよね。なので、クロノの性格が自分の現在書いてるクロノとは微妙に違う気がします。…え、大して変わりませんか。そうですか。



 <<<小説目次

 <<<クロノトリガー目次

 <<<TOP