● 『廃墟を越えて…』〜『不思議の国の工場跡』 /2 ●


体験版 製品版


<未来(A.D.2300)>

●工場跡(入口)
ロボ
「セキュリティシステム00
アンロック……
変更なし


●工場跡(F)
[コンピューターを調べた場合]

「クレーン 起動コード
00パターン …… X A
01パターン …… B B

「クレーンを起動します。
A B X Y の4つのボタンのうち
2つをくみあわせてじゅんばんに
おしなさい。
[コンピューターを調べた場合]

「クレーン 起動コード
00パターン …… △ ○
01パターン …… × ×

「クレーンを起動します。
○ × △ □ の4つのボタンのうち
2つをくみあわせてじゅんばんに
おしなさい。


●工場跡(F)
[戦闘勝利後]

「ハッチ オープン
コノ フロア ニ B3ヘノ
ハシゴ アリ

ロボ
「パワーシステム…オール
パワーダウン……
ボウゴビーム ノ シュツリョク
スベテ
 オフ シマシタ
[戦闘勝利後]

「ハッチ オープン
コノ フロア ニ B3ヘノ
ハシゴ アリ

ロボ
「パワーシステム…オール
パワーダウン
ボウゴビーム の出力をすべてオフ
シマシタ


●工場跡(F)
[コンピューターを調べた場合]

「サイジュウヨウ ケイカイ ドア ロック
コード…… ザ ビ ィ
「ザビィ…… ホンヤク
X A B Y ……
[コンピューターを調べた場合]

「サイジュウヨウ ケイカイ ドア ロック
コード…… ザ ビ ィ
「ザビィ…… ホンヤク
△ ○ × □ ……



●工場跡(F)
[コンピューターを調べた場合]

「ドアロック システム ザビィ 作動中
パスコードを入力してください。

[中央の機械を調べた場合]

ロボ
「非常事態デス!
セキュリティ・システムが
暴走していマス。脱出しなくテ

ロボ
「ハヤク!
イマノウチニ!!!

[エレベーターを調べた場合]

「イマージェンシー
エレベーターハ サドウフノウ
[コンピューターを調べた場合]

「ドアロック システムザビィ作動中
パスコードを入力してください。

[中央の機械を調べた場合]

ロボ
「非常事態デス!
セキュリティ・システムが
暴走していマス。脱出しなくテ

ロボ
「ハヤク!
イマノウチニ!!!

[エレベーターを調べた場合]

「イマージェンシー
エレベーターハ サドウフノウ


●工場跡(F)
[Rシリーズが現れる]

ロボ
「オ……、オオ……
みんな仲間デス……
「R−64Y……
R−67Y R−69Y!
生きていたのか……、良かった……

[Rシリーズの攻撃]

ロボ
「な、何を……

R−64Y
「ケッカンヒンメ。

R−67Y
「オマエナド
ナカマデハナイ。

ロボ
「……!?
「ケッカンヒン……

R−64Y
「ソウダ
ケッカンヒンダ

ロボ
「ケッカンヒン……
……わたしは……ケッカンヒン……

R−69Y
「ワレワレノ、ニンムヲ
ワスレタノカ?
「コノ、コウジョウ ニ
フホウシンニュウ スルモノハ
マッサツスルノダ!

ロボ
「!! ワタシは、そんな事を
するために、作られたと……

R−64Y
「キエロ、ワレワレノ
ツラヨゴシメ。

マール
「ロボ!
クロノ、ロボが!

ルッカ
「あ、あんた達ーッ!

ロボ
「や、やめて下さい……
このロボットワタシの兄弟……デス。

マール
「そんな事いったって
このままじゃ、ロボ、あなたが!
「ロボ!

ルッカ
「は、はなしなさい!
あんたが死んじゃうわよ!
「ロボ!

R−64Y
「ヒキツヅキ
シンニュウシャヲ
ショブンスル

マール
「ふざけないで……
ぜったい、許さないからッ!

ルッカ
「処分されんのは……
あんた達よーッ!!

[Rシリーズと戦闘]

マール
「ロボ!
「ひっかかってるわ!!
「わーん。どーしよう。
ロボが死んじゃうよ!
「クロノ!
とにかくルッカの所へ運ぼうよ!

ルッカ
「ロボ!
「ひっかかってるわ!!
「ひどいわ……
私に直せるかしら……。
「とりあえずプロメテドームまで
運びましょう……。
[Rシリーズが現れる]

ロボ
「オ……、オオ……
みんな仲間デス。
「R−64Y
R−67Y R−69Y!
生きていたのか、良かった。

[Rシリーズの攻撃]

ロボ
「な、何を……

R−64Y
「ケッカンヒンメ。

R−67Y
「オマエナド
ナカマデハナイ。

ロボ
「……!?
「ケッカンヒン……

R−64Y
「ソウダ
ケッカンヒンダ

ロボ
「ケッカンヒン……
……ワタシは……ケッカンヒン……

R−69Y
「ワレワレノ、ニンムヲ
ワスレタノカ?
「コノ、コウジョウ ニ
フホウシンニュウ スルモノハ
マッサツスルノダ!

ロボ
「!! ワタシは、そんな事を
するために、作られたと

R−64Y
「キエロ、ワレワレノ
ツラヨゴシメ。

マール
「ロボ!
クロノ、ロボが!

ルッカ
「あ、あんた達ーッ!

ロボ
「や、やめて下さい……
このロボット ワタシの兄弟デス。

マール
「そんな事いったって
このままじゃ、ロボ、あなたが!
「ロボ!

ルッカ
「は、はなしなさい!
あんたが死んじゃうわよ!
「ロボ!

R−64Y
「ヒキツヅキ
シンニュウシャヲ
ショブンスル

マール
「ふざけないで!
ぜったい、許さないからッ!

ルッカ
「処分されんのは……
あんた達よーッ!!

[Rシリーズと戦闘]

マール
「ロボ!
「ひっかかってるわ!!
「わーん。どーしよう。
ロボが死んじゃうよ!
「クロノ!
とにかくルッカの所へ運ぼうよ!

ルッカ
「ロボ!
「ひっかかってるわ!!
「ひどいわ……
私に直せるかしら……。
「とりあえずプロメテドームまで
運びましょう……。


●プロメテドーム
ロボ
「シュ……修復……
出来そうデスカ……?

ルッカ
「あんまり、しゃべっちゃダメ。

ロボ
「アナタ方は……
この世界を変えるというのデスカ……?

ルッカ
「私達の力で、どこまで出来るか
わからないけど……ね。
「ところでロボは直ったら
何がしたい?

ロボ
「ワタシの……したい事……?

ルッカ
「そうよ、長い間こんな所で
故障してたんだもの、やりたい事が
いっぱいあるはずでしょ?

ロボ
「ワタシに、そんな事を
聞いたのは、あなたが初めてデス。
ルッカ……

[修理完了]

ロボ
「おはようゴザイマス。

マール
「ロボ!
よかった、元気になって!
「ごくろう様、ルッカ!

ルッカ
「ちょーっとばかり
大手術だったけどね!

ロボ
「ルッカ、ワタシにも
したい事が出来マシタ。
アナタ方といっしょに行く事デス。

マール
「えッ、本当に?

ロボ
「ワタシも、見とどけて
みたいのデス。
「アナタ方のする事が、人間を……
いえ、この星の生命を、ドコへ
みちびいて行くのか。

ルッカ
「いきましょう!
あの先にゲートがあるわ!!
「さあ! いくわよ!!

[ゲートの部屋に入ると画面暗転]

「『クロノ・トリガー』をプレイしていただき
ありがとうございます。
「ざんねんながら、今回のバージョンは
ここまでとさせていただきます。
「クロノ達は無事、自分達の時代に
帰る事が出来るのか……!?
「最強のスタッフが、32メガの大容量と
かつてないスケールでお送りする
時代をかけめぐる大ぼうけんR.P.G.!
「『クロノ・トリガー』
3/11 土曜日 発売

ご期待下さい!!

ロボ
「シュ……修復……
出来そうデスカ……?

ルッカ
「あんまり、しゃべっちゃダメ。

ロボ
「アナタ方は……
この世界を変えるというのデスカ……?

ルッカ
「私達の力で、どこまで出来るか
わからないけど……ね。
「ところでロボは……
直ったら何がしたい?

ロボ
「ワタシの……したい事……?

ルッカ
「そうよ、長い間こんな所で
故障してたんだもの、やりたい事が
いっぱいあるはずでしょ?

ロボ
「ワタシに、そんな事を
聞いたのは、あなたが初めてデス。
ルッカ……

[修理完了]

ロボ
「おはようゴザイマス。

マール
「ロボ!
よかった、元気になって!
「ごくろう様、ルッカ!

ルッカ
「ちょーっとばかり
大手術だったけどね!

ロボ
「ルッカ、ワタシにも
したい事が出来マシタ。
アナタ方といっしょに行く事デス。

マール
「えッ、本当に?

ロボ
「ワタシも、見とどけて
みたいのデス。
「アナタ方のする事が、人間を……
いえ、この星の生命を、ドコへ
みちびいて行くのか。

ルッカ
「いきましょう!
あの先にゲートがあるわ!!


[ゲートの部屋へ移動]

ルッカ
「さあ! いくわよ!!


クロノトリガー目次へ戻る  トップページへ戻る