悟空は滅多なことでは赤面しそうにないタイプだと思うんですが、
新婚まもなくの頃ならそういうこともあったかも、と妄想してみたり。
チチさんのこと無意識に気にし始めて
自分でもよくわからない感情をもてあましてるところに
急接近〜というようなイメージ。
で、チチさんの方はそんなことはつゆ知らず、天然スキンシップ。
自覚と無自覚のはざまで戸惑う構図は大好きです。

そういえば第23回天下一武道会の最後の最後、
無事で良かったとチチさんに抱きつかれて「くっつくなよ」と焦ってた悟空さん、
あれってやっぱり照れも含んでたのかなーとか
悟チチ派としては考えたくなるわけですが。
少なくとも、それまでにチチみたいに純粋な好意をストレートにぶつけてくるタイプは
周りにいなかったはずなので、躊躇したりまごついたり
どうやって対応していいかわからなかったり、というのはあったんじゃないかと。
……でもそこから1年前後で悟飯くん誕生……早ッ!笑
(もっとも、WJ本誌掲載時は悟飯くん3歳の設定だったらしいので
1年のブランクはあったという考え方もできますが)


<<<20の顔題目次

<<<イラスト目次

<<<ドラゴンボール目次

<<<TOP