扉に手をかけたまま、彼は背に視線を向けた。
 月と星のあえかな光が窓から差し込み、部屋内部の輪郭を薄ぼんやりと浮かび上がらせている。
 夜半の静けさに満ちた広い寝所で、響くのは二つの寝息のみ。
 それが寂寞としたものに聞こえるのは、彼の主観に過ぎなかった。
 天蓋付きのベッドに横たわる、この国の王と王妃 ―― 彼の両親は、何も知らない人間からすれば、ただ眠っているようにしか見えなかったに違いない。……そこに魔王と呼ばれるものの介在があったことを知らぬ人間ならば。
 病か、あるいは呪いか。
 二人が目を覚まさなくなってから、いったい幾夜を数えたのだろう。
 識者、重臣が集まり、いかなる手を講じても、全て徒労で終わる日々が続いた。

 二人を目覚めさせる唯一の方法は、おそらく、元凶である魔王ムドーを打ち倒すこと。
 確証はなかったが、彼の直感はそう語っていた。
 いずれにせよ、王子である少年は心を決めたのだ。
 自らの手で、必ず両親を救うと。
 ここに来たのも、彼らの前で誓いを立て、いとまを告げるためだった。

 城から出るところを誰かに見咎められれば、間違いなく制止されるだろう。
 やれ『立場をお考え下さい』だの『きっとそのうち、他にも方法が見つかります』だの。
 殊に、実直で生真面目なトム兵士長あたりなら、実力行使をも辞さないかもしれない。
 だが、かまうものか。
 彼の胸中を占めるのはひとつの既視感。
 ―― 幼くして病でこの世を去った妹。
 眠るように息をひきとった彼女に対して、ただ祈りを捧げることしかできなかったあの日、深い悲しみと己の無力さに苛まれた。
 あんな思いをするのはもうたくさんだ。
 今は祈る以外にもできることがある。
 人任せにはしていられない。まして、このまま座して待つなど。

 沈む思いを断ち切り、彼は顔を上げて正面を見た。固く拳を握る。
「……いってきます」
 応じる声なき父に、母に、小さく呟いて。

 そして、彼は踏み出した。
 長い、長い旅路の第一歩を。


はじまりはやっぱり主人公以外ないでしょう、ということで
企画絵のトップバッターは主人公です。
プレイヤーが最初に操作可能になるキャラでもあるわけですし。

他のSSもですが、ゲーム中に出てくる情報を基本に構成してあります。
……で、これ書いてて改めて思ったのは、以前に日記でも少し書いたように、
やっぱりDQ6とDQ8ってけっこう共通してるなーということなんですよね。
主人公の旅立ちの理由が「呪いを解くため」で
その辺りの背景が「結果→状況説明」という帰納法で描かれてるところとか。

眠りについたままの両親を救ったのは「夢」側の主人公で、
「現実」側の主人公ではなかったわけですが。
でも、本来の記憶を失くしていても「両親を救いたい」という気持ちが
心の奥底に強く残っていて、それが結果的に魔王ムドーを倒す道へ結びついた…
という解釈をしてみるのは飛躍しすぎでしょうか。

ところで、描写の都合上「扉」が出てきてますが
実はゲーム上ではレイドック城の謁見の間と寝所は繋がっていて扉は存在してません。
ていうか、そーいやあの城って王子様の部屋どころかベッドすらないんですが
一体どういうことなんですか笑。
もしやあれですか。悪辣大臣ゲバンの陰謀で無きものにされたとかいうことですか。
おのれゲバン、よくも主人公の部屋を!(濡れ衣です)


<<<企画目次

<<<イラスト目次

<<<ドラゴンクエスト目次

<<<TOP