西に傾いた太陽が、空を茜色に染め上げる。
 夕映えに包まれた世界の中、彼女はそっと佇んでいた。
 長く艶やかな金色の髪を背に流し、端正な顔をわずかに伏せて、物憂げに瞳を閉じている。ほっそりした指先で胸に抱くのは、陶磁を思わせる小さな笛。一枚の絵画さながらの光景がそこにあった。
 だが、そもそも彼女の不幸というのは、その整った容貌に端を発していたのかもしれない。

 まだ年端もいかぬ、幼い少女時代のことだ。
 暴君として恐れられていた、時のガンディーノ王に見初められた彼女は、そこを悪名高きギンドロ組につけ込まれた。両親の借金のかたに、身売りさせられる形で城に差し出されたのだ。
 もっとも、両親といっても生みの親ではなかったが ―― それでも、彼らにとっても、そのことは苦渋の選択だった。少なくとも、彼女はそう信じていた。年老いた父母は、義理の子らにも周囲の人々にも優しく、純朴だったから。逆に考えれば、純朴さ故にそのような道を歩まざるを得なくなった、と言えたけれども。
 そうして城に召し上げられてからも、目を惹く外見は彼女にとって負の方向に働いた。
 嫉妬深い正王妃は、自分よりも若く美しい娘たちが王に献上されると、そのことごとくを奴隷の身分に貶め、地下牢へとつないでいた。彼女もその扱いをまぬがれず、幽閉の憂き目をみた。

 彼女は思う。
 もしも ―― もしも、何かが少しずつ違っていたならば、自分にも、つつましくも穏やかな幸福が持ち得たのだろうか、と。
 あの国がガンディーノでなかったならば。王があの王でなかったならば。両親の負債先が、ギンドロ組でさえなかったならば ―― あるいは、たった一人の血を分けた弟とも、理不尽に引き裂かれはしなかったのだろうか、と。
 ……いや、よそう。今さら詮のないことだ。

 何も恨まなかったと言えば嘘になる。
 だが、だからといって、世を疎み、全てを憎む気にもなれなかった。そうした方がずっと楽だと知っていても。考えることをやめ、昏い感情に身を委ねる ―― そんな風に生きるには、彼女の心根は優しく、気高すぎた。
 この手の中にある笛を託し、牢から逃がしてくれた老人のためにも、彼女は折れず、ひたむきに生きることを選んだのだ。

 そして、今。
 彼女は待っている。
 因と果が巡り、時が満ちるその瞬間を ―― 己に課せられた使命を果たす、その時が来ることを……静かに、待ち続ける。


文章側のミレーユ姐さんの描写に自分の画力が追いついてないという点は
あえて触れない方向でお願いします……。

ゲーム中で、主人公とハッサンの最初の出会いのシーンは回想されてましたが、
ミレーユ姐さんとどう出会ったかは全く描かれてないんですよねー。
あ、ここでいう出会いは「本来の(王子としての)主人公」と
ハッサンやミレーユとの出会い、ですが。
それに、そもそもミレーユの過去自体、ほとんど断片的にしか推測できませんよね。
そこら辺が彼女の「謎の女性」たる所以でしょうか。

ついでに言うなら小説版DQ6やら他所様の二次創作やらで
自分の記憶がすっかり補完されてしまって、
「純粋にゲーム中から想像できること」が見えにくくなってたりしてます。
グランマーズのところにいたのはいつからなのか、とか
実体の自分を取り戻したのはいつどうやってなのか、とか。
わからないことが多くてゲーム中ではっきりしてることが少ないので、
このSSもかなりぼやかした感じの書き方にしてあります。

それにしても、こう書いてみて思ったのは、
同じ姉弟で同じ別れをしても逆ベクトルの生き方になってるなということなんですが。
(少なくとも、自分はそういう印象を持ってる…ということで)
その違いは、そこから後に経た出会いの違いも大きいのかな、とか思います。
信頼して拠り所になる人がいたかいないかの違いかな…と。


<<<企画目次

<<<イラスト目次

<<<ドラゴンクエスト目次

<<<TOP