岩肌が剥き出しになった、殺風景な渓谷が続いていた。
 薄墨色の暗雲は不規則な畝を成し、頭上を覆っている。
 湿り気を帯びた風が頬を撫で、外套の裾をはためかせる。じきに雨模様になりそうだ。
 ここを抜ければ、次の街は間もなくのはずだった。降り出す前にたどり着けるよう、彼は足を速めた。

 彼は剣を探していた。
 およそ切り裂けぬものなどないような、天下無双の剣を。世界一の剣を。
 ……いや。
 より正確に言うなら、彼は力を欲していた。その具現を剣に求めたのである。

 ガンディーノと呼ばれた国で、かつて、彼は唯一無二の大切なものを奪われた。信じていたものに裏切られる形だった。
 そして、それを取り戻すには、彼はあまりに幼く ―― あまりに無力だった。
 力を持たぬ者は略奪され、虐げられ、蹂躙される。そのような非道がまかり通っている国だった。
 弱ければ奪われる。信じれば裏切られる。
 ―― ならば。
 強くなればいい。信じなければいい。
 他者は利用し、利用されるもの。頼れるのは、自分自身だけなのだから。
 ……最も守りたかったものを守れなかった彼が選んだのは、そういった道だった。

 あれから幾年たったのだろう。
 失われた大切なものの手がかりは、杳として知れないままだった。
 いつしか、彼の心にはあきらめという影が忍び寄り ―― やがて、手段であったはずの「力を追い求める」ことが、目的に変質していった。
 それは、後悔しても戻らぬ過去を贖うためだったのか……あるいは、埋めようのない失望と、何もできなかったという罪悪感を慰めるための、代償行為なのか。彼自身にもよくわからなかった。

 進むうち、岩と砂ばかりの風景が次第に緑の入り混じる草地に変わり、左右に切り立った崖も低くなっていた。道の先には街並みと思しきものと、その中でもひときわ目立つ城が見てとれる。どうやら渓谷は越えたようだ。
 ふと、彼は足を留めた。視界の端によぎった木の立札に目を惹かれたのだ。
 雨風にさらされた形跡はあるが、朽ちたりはしていない。比較的新しく立てられたものらしかった。
 そこに書かれた内容を見て、彼は皮肉げに口の端を持ち上げた。

『魔物を倒さんとする強者求む! 我と思わんものは我が元へ来たれ!』

 末尾に記されたのは、アークボルト国王の名。
 確か、どこかで耳にしたことがあった。アークボルト王家に代々伝わる宝剣の話を。
 ……もしかすると、利用できる機会かもしれない。
 
 外套を翻し、王城を目指して、彼は再び歩き出した。


他キャラはキャラデザの服装に忠実になるように描いてるんですが
(なので、普段は省きがちな剣やら鞄やらも今回はきっちり描いてます)
テリーだけはデザイン外のマントを羽織らせてしまいました……。
いやだってなんというかこういう構図だと外套があった方がサマになるというか!
でもDQモンスターズでの青年テリーはマントつけてるらしいので
自分的には許容の範疇です。ええ、無理やりにでも許容範囲の方向で。

企画中、いちばん難産だったのはこのテリーのSSでした。
同じシーン(アークボルト直前)が小説版DQ6で描写されてたので、
それと同じになるのを避けようとしたのがまず理由のひとつ。
そして、もうひとつは、この手の暗い過去背負って
尚且つそれを引きずってるようなキャラの話を考え出すと
思考の迷宮に陥りそうになる、ということ。
要するに、深く考えすぎて頭がグルグルしてくるんですよね。
ある意味、主人公やらヒロインやらのお気に入りキャラを書くよりも
こだわって考えて悩んでしまってます。
最愛レベルのキャラとの思い入れの差がある分、
ともすれば描写も甘くなりがちでハズしたものになってそうで、
それで気合い入れないとなーと身構えてる部分もあるかもしれません。
(もっとも、思い入れが強ければ良いものができるかといえば
必ずしもそうではないんでしょうけど……)


<<<企画目次

<<<イラスト目次

<<<ドラゴンクエスト目次

<<<TOP