「マリベル……!」

*****

週刊DQ7企画その7、アミット氏が倒れた知らせを受けた時の3人です。
(マリベルも駆けて行く靴先だけちょっぴり描いてますが……わかりづらい;;)
この直後にアイラが加入するので、男3人になるのはごく短期間ですが。
キーファ離脱もきつかったですけど、ここでマリベル抜けたのも痛かったです……
前の絵のコメントでも書いたように、魔法主体のサポート役が彼女一人だったもので。
マリベルまで強制的にパーティから外れるなんて思いも寄らなかったですし。

ただ、私がアルマリのカップリングにはまった最大の要因はこの出来事なんですよね。
以前どこかで書いたかもしれませんが、元々はキーマリが好きだったんですよ。
「だった」っていうか今も好きなんですけど。キーファがああいうことになって、
マリベルともここで一旦離れることになって。
で、ガボに「マリベルがいなくて寂しいか?」みたいに聞かれたりして、
そこでようやくアルマリを意識したというか……。
どうも私「そばにいなくなって初めて互いの大切さに気づく」パターンに弱いらしくて。
そんなこんなで、DQ7は途中で最萌えカプが変化した、稀有な例だったりします。

プレイしてた自分がそういった具合だったため、
うちのとこの7主がマリベルへの気持ちを自覚するのは
ここの場面以降かなーというイメージです。
マリベルもマリベルで、離れてる間に7主の身長が伸びてたり
いつのまにか男っぽい体つきになってきたり
あげく魔王(過去の方)倒してきたりというのを目の当たりにして、
幼なじみの変化にドキッとしたり切なくなったり
そんな自分自身の感情に戸惑ってじたばたしてたりすると良いなあ、なんて。


←企画絵その6 企画絵その8→

<<<イラスト目次

<<<ドラゴンクエスト目次

<<<TOP