「はい、リッド、お待たせ!」
 そう言ってファラができたてのオムレツを手渡すのに、リッドは舌なめずりせんばかりに相好を崩した。
「おお、待ちかねたぜ!」
 手には既にスプーンが握られ、準備万端、といった風情。
 いつもながらの光景であるが、その食い意地がなんだか微笑ましくて、ファラの口元は思わずほころびそうになる。
 ……と、リッドがオムレツを見て、少し不思議そうにまばたきした。
「何だ? メルニクス語か、これ?」
 ふんわり焼かれたオムレツの上には、彼の言う通り、文字らしきものがケチャップで描かれている。
 ファラは笑い、
「あ、気づいた? それね、さっきメルディが教えてくれたの」
「メルディが?」
「うん。リッドに作ってるオムレツだって言ったら、『こう書くといいな!』って」
「ふーん……。で、何て書いてんだ?」
 リッドが訊くと、ファラは首を傾げた。
「それが、わたしにもわからないんだよね」
「は? 何だそりゃ」
「だって、訊こうと思ったら、後で教えるからってキールと買い物に行っちゃったんだもん」
 リッドは呆れ顔で、その正体不明な文字に視線を落とした。
「まさかオレの悪口とかじゃねぇだろうな」
「うーん、それはない……と思うけど」
「……ま、いいや。いっただきまーす」

 ***

「ねえ、さっきの言葉、結局どういう意味だったの?」
 買い物から戻ってきたメルディに、ファラは尋ねてみた。
「さっき?」
「ほら、オムレツの。『気持ちを込めて書くといい』って言ってた……」
 リッドには話さなかったが、そのようなやりとりもあったのである。それで悪口ではないだろうと判断したのだが……
「ああ、アレな!」
 メルディはポンと両手を合わせ、とびっきりの秘密を伝えるように耳打ちしてきた。
 それを聞いたとたん、見る間にファラの頬が染まり、耳まで真っ赤になる。
「……な、何それ……」
「あとでリッドにも教えるよ」
 無邪気に笑うメルディに、ファラは慌てて叫んだ。
「ダメ! ぜーったいダメッ!!」
 すると、メルディはきょとんとして、
「なぜか? とってもステキな言葉なのに〜」
「何ででも!」
 ファラはきっぱり言い切った。
「いい? リッドには絶対言わないでよ、メルディ。約束だよ!」

 ***

 ―― 教えられるわけないじゃない。
 心の中でファラは呟いた。

『あの字な、メルニクス語で“キス”が意味もあるよ。
 三つ重ねると、“愛を込めて”になるな!』



リッドとファラが描きたくて、どういう絵にしようかと考えたんですが、
この二人といえばオムレツだろうと思い、こうなりました。
二人とも初描きなので描きながら資料と首っ引き状態でした。

で、構図考えてる時に、ついでにSSも浮かんだので書いてみたんですけど、
ハマって日が浅くて、他の方の創作をほとんど読まずに書いたので
(公式小説とアンソロ関連は一通り読んでますが)
もしどこかでネタかぶりしてたらすみません。ありがちネタな気がしますし。
あ、そうそう。タイトル「XXX」の意味はそのまんま、
メルディのセリフ通りの意味です。
手紙の最後なんかに添え書きするアレですね。
メルニクス語は英語ベースなので、こういう使い方も有りかなと。

これだとファラ→リッドっぽいですが、
私はどっちかと言うと気持ち的にリッド→ファラかと思います。
ゲームをプレイしてるとそういう印象だったので。
リッドにとってファラって「世界よりも守りたい人」みたいですし笑。
アニメだとファラ→リッドな雰囲気でしたけど。
どちらも好きなんですが、とりあえず、自分としては自然な甘さの二人が良いです。

ところで、我が家では通常『オムレツ』というと
ひき肉・タマネギ・ジャガイモの角切りを炒めたやつを卵で包んだものを指すんですが、
世間一般でいうところの『普通の(プレーン)オムレツ』は
卵だけでつくったものということを、高校の時に初めて知りました。
要するに、それまで『オムレツ』を食べたことがなかったのですな……。
ケチャップもかけないんですよ、うちのオムレツ。食べる時は中濃ソース。
こういう家庭ごとの食文化の違いって他にも多々ありそうですねー。
イトコの家じゃカレーライスになぜかナルトが紛れてましたし。
……ある意味アレンジ料理?(それはデスティニー2)


<<<イラスト目次

<<<ETC目次

<<<TOP