<自分設定(※以下いろいろ捏造注意)>

・なかなかテリーと会えないことにしびれを切らし、旅についていきたい思いが高じて夢側の世界で生まれた、ドランゴの化身。

・人の姿となったことで種族特性としてのドラゴンの能力(強力な息攻撃など)は失われているものの、ちからやHPなどの基本ステータスは現実側とほぼ同程度。

・デスタムーアが己の魔力によって創り出した魔物とは出自が異なり、もともと現実世界に存在する種の生物だったが、卓越した戦闘能力を買われ、精神的な幼さや純粋さにつけこまれる形で大魔王の支配下に置かれた。その過程で魔物としての生命を吹き込まれると同時に、母性本能の強さを利用した暗示の刷り込みにより、別種の魔物の卵守りを果たしていた。

・自分に勝利した者に従うのは種族生来の性質である。ただし、テリーがドランゴの「魔物としての生命」を絶ち、そのことで大魔王の精神支配から逃れた点もまた、彼になつく要因になっている(幼少期テリーのモンスターマスター経験が影響を及ぼした部分あり)。

既存の鳥山キャラとなるべくかぶらない見た目になるように考えてました(たとえばツインテールだと可愛いけど、私が描いたらゼシカと描き分けつかんだろうと思い)。

三つ編みっぽく見えますが、動く時に髪が広がって邪魔にならないようリボンを交差させて巻きつけて、それらしくしてるだけです。本来の姿の名残で手先が不器用で、自分では三つ編みできない(編み方がわからない)・リボンも立て結びになってしまうという脳内設定。でもミレーユやバーバラに髪をいじってもらってたら可愛いかもしれない。

個人的に、人間バージョンでもフルプレートでガッチガチに固めた前衛型装備のイメージ持ってます。が、絵チャの時に思いつきでテリーとペアルック風に描いたらわりと好評だったみたいなので、そっち採用しました。カラーリングは本来の姿の色あいに近くなるようにというのと、テリーの服と色相環で補色になるような感じで対照っぽくしてみたり。


日記に戻る