2005.4.28

キリ番ページにリクエストイラスト1枚(CT)アップ。
DBページに「絵描きさんに20の顔題」イラスト2枚アップ。

トップページにDB悟チチ企画ページ「八卦炉祭」リンク追加。
DB系リンクに1件追加。sukeさんのサイト「なんなるや」ですv
素材屋さんも1件追加。

*****

上記には書きませんでしたが、
同盟の方もトップ絵変更しました。3つともまとめて。

DBの顔題は本っっ気で久し振りすぎな更新です……約1年振りって何ですか。
そして2003年からやっててようやく半分って何事ですか。
たった20個なのに……20個なのに……;;
そもそも普通に描くよりも気軽に絵を描こうと思って始めたことじゃなかったか……。
自分のダメさ加減に泣きが入りそうです。
だいたいDBの更新自体少なすぎなのもなー;;

あ、そういえばそれで思い出したんですけど、かなり前の一言フォームで
「DBが割合的に少ないですよね」と書いて送ってきた方は
やっぱり「もっとDB更新しろやコラ。」ということを言いたかったんでしょうか……
本当に↑の一言だけ書かれてたんで、どう判断していいのかわからなかったんですが。
割合的に少ないのは管理人自身よーく自覚してますとも。ハイ。
器用にバランス良く立ち回れない奴であることと、
二次創作サイトがDBやDQに比べると極端に少ないCTに
肩入れしがちなのが主要因だと思います。
つまるところは……

誰 か も っ と ク ロ ノ 描 い て 下 さ い ! ! (本音)

「オレがやらなきゃ誰がやる」が信条だけどさー、
自給自足ばっかりってのも……。
もっと光を! もとい、萌えを!(←…)

*****

いたストSPミニプレイ記Z。

やっとDQ6主人公とご対面できました――!vv
長かった……これでひとまず当初の目標達成。
今は6主の職業選択を可能にするべく(賢者職で最終コースに挑みたいので)
彼を使用キャラにしてスライムベスコースを再制覇しつつあります。
6主の最初に設定されている職業は「勇者」なので、
勇者らしくギガデインなぞ使ってます。

なお、いたストにおけるギガデインの効果は

「順位がトップのキャラから500Gお金を奪う」 です。

ちなみに使用対象者(犠牲者)はクリフトでした。


……勇者? と首を傾げたくなる点には敢えて目をつぶる方向で。

つか、そもそもいたストでの「勇者」職、
セフィロスもそうだという時点で何かがすごく間違ってるような気が。
いやまぁある意味勇者な気もしますけど。
でも、DQ的な勇者というなら、
幼なじみの家でタンスを漁って『ちょっと背伸びパンツ』を見つけてたクラウドの方が
なんぼか近いモノありませんか。……それも違う?


ところで、クリフト相手に負けそうになると
「クリフトのクセに生意気だぞ!」
と、どこぞのガキ大将のような台詞をつい呟きたくなります。
他のキャラの時はそうでもないんですが。
そんな自分はTOEでウィスをやっている時にもキールに負けそうになると
「キールのクセに生意気な!」と言っていました。
嫌いとかじゃなくて(キャラとしては好きだし)、
どうもそう言いたくなるキャラってのがいるようです。
……へたれと認識してる相手に負けると悔しいのか。そうなのか。

2005.4.18

クロノサーチさんに登録し直してきました。
サイトのデータが全消失されてしまったそうです……(合掌)
地道に登録サイト数が増えてたので、利用者の身としても
再び元の賑わいを取り戻せることを望みます。
というわけで、クロノサイトお持ちの人はレッツ登録。(回し者ですか)

*****

帰ってきたいたストSPミニプレイ記。

通常版のステージ全クリアしました。
現在はスフィアバトルのデブチョコボコース序盤です。
DQ5主人公とDQ7主人公が使えるようになったので、7主を使ってます。
5主も捨てがたかったんですがキャラの職業の都合上……。
DQ主人公はプレイヤー専用キャラで台詞喋らないし
表情も他キャラみたいに多彩じゃありませんが、
盤上での動きが可愛くて良い感じです。
5倍買い強制買い上げエリア独占株式操作当たり前、
攻撃スフィアで他キャラの邪魔しまくりのイヤな性格した主人公と化してますがね!(…)
やっぱ使用キャラをククにしてた方がまだ合ってるような気もします。
(つか奴だってそこまで悪どくなかろう)

ククールといえば、通常版のラストステージで
台詞を初めて見ることができたんですが。
あのすみません殴り倒してもいいですかこの男。(爆)
ていうかゼシカ、メラミで燃してしまえ!!
いや、ゼシカが使用キャラだった所為もあってか台詞がね……
こ の ア ホ 騎 士 が ! !
と、いちいちツッこみたくて仕方なくてですね。
(注:言っときますが自分ククール好きです。ククゼシも同様。)
これって使用キャラが逆だったらどうだったんだろう……。
ゼシカの台詞もまだ全然見てないんですよね。
何でもいいけどククール、口説くんだったら
手加減のひとつもしやがれ。とも思いました。
2位がククで最後まで競ってたんですよ。正直ちょっと手強くて。
でも、ゼシカの性格だったら手加減されたらされたで腹立てそう。

ともあれ、ようやくDQ6主人公使用までの道が見えてきました。
……それにしても、8主人公は登場しないんでしょうかね〜。
ヤンガス・ゼシカ・ククールとそろい踏みだから、尚のこと寂しい。
まるで一人だけハブにされたみたいなんですけど。

2005.4.13

CTページに短編小説「Pre-contact」アップ。
同じくCTページに頂き物のイラスト2枚アップv

サーチエンジンに変更のため、
WEBリング「DB NETWORK」をリンク集(検索系)に移動。

*****

10周年企画でずっと描いてて飽きたと言いつつ
どうしてクロノコンテンツばっかり更新してるのやら。
……いや、何でか唐突に書きたい気分になったんですよ……小説。

今回アップしたこの話、サイトを始める前から書いてました。
2・3年前には第3話辺りまで(=4分の3)は出来てました。
それで今までずっと放ったらかしだったので、
満を持して…なんていいもんじゃなく、腐って発酵してないか、という気がします。ぎゃふん。
ちなみにクロノのCPなりきり100質のQ6で触れてた話がこれです。
まあ、色々とツッコミどころの多い内容ではありますが、
書き上げたい、書き上げなきゃ、と思ってた話でもあるので、生温かい目でご覧下さい。

それにしても、PCにまとめて打ち込んだから疲れました。
本文、約18,000字。あとがき、約1,200字。
単発の短編としては自己記録更新する長さ……。
これよりもっとずっと長い話を書いてる人ってすごいんだなぁ、と改めて感心しました。
僕には……無理だ。(by ジューダス@TOD2)

2005.4.9

新・いたストSPミニプレイ記(…)。
そのうち「プレイ記Z」とか「プレイ記GT」とか
書き出したりするんでしょうか。DBサイトなだけに。
あるいは「プレイ記ネオ」とか「帰ってきた(略)」とか
「(略)フォーエバー」とか「(略)〜愛・おぼえていますか〜」とか(大概にしろ)。


阿呆らしい前フリは置いといて本題。

ノーマル版の全ステージクリアまでだいぶ近づいてきました。
クリスタルコースでは再度ゼシカを選択して進めてます。
んで、FF7のセフィロスが登場する面があるんですが。
その彼の台詞。

「さあ、ゼシカ。行こうか」

い っ た い ど こ へ 行 く 気 だ。

と、全力でツッこみたくなったのは私だけですか。
つか、こんなキャラでしたっけ、この人。
えーとどうもこの台詞だけ見ると微妙にナンパしてるみたいにも思えるというかそのゴニョゴニョ。外見ククールと類似性あるし。
FFシリーズは妹のプレイ見てただけで断片的にしか知らないからなぁ……。
FF7は女装したクラウドがコルネオにキスされかかってたとか
ティファとスカーレットが執念のビンタ合戦を繰り広げたシーンとか
「クックックッ黒マテリア」とか、そんなことばかりが記憶に残ってます(ピンポイント過ぎです)。

話を戻しますが、いたストのセフィロスは
他にも何かいちいち台詞が笑いを誘うんですけど。
「ゼシカがレベルアップしたか……おもしろい。」
いやそれよりむしろアンタの台詞の方が面白いよ、と言いたく(以下略)
単に自分がFFやってないから笑えるだけなんでしょうか。
FF7プレイした方の意見を聞いてみたいです。

2005.4.8

続々・いたストSPミニプレイ記。
…って、いつまで続くのか。(そのうち続々々々々…とかになりかねん)

それはさておき。
対戦メンバーにヤンガスが登場しました。わーい♪
手元にあるVJの攻略本では「?」表示になってたから
誰が出るんだろうとは思ってたんですが。
そういえば他所のサイトさん回ってる時に
彼も登場するような話をいつか見かけたような…。
でもって、控えキャラのはずのクラウドが登場したってことは、
ここのステージで本来対戦メンバーになるのはククールだったってことでしょうか。
だとしたら惜しいことしたかも。プレイヤーキャラにするとセリフ見られないし。

で、そのヤンガス。
兄貴兄貴とやかましいのは本編の方でもデフォだから別にいいです(いいのか)。

ただ、DQ8主人公がいない状態で
「兄貴、アッシが勝てるようにどうか見守っててくだせえ」なんて言い方すると
なんだかまるで主人公くんがお星様と化してしまったかのようなんですが。
ムーンブルク王女(プリン)の台詞に
「天国のお父さん、お母さん……どうかプリンを見守っていてください」
というのがあるから尚更そう思えてしまう……。

「おっさん、いつのまに!? …じゃなかった、いつのまにアッシの番が?」
という台詞はDQ8プレイ済だとニヤリとさせられますけどね。
(でも一瞬、ひょっとしてトロデまで乱入してくるのかと思った)

しかし、彼に関する最大のツッコミどころは
『コレクション』で見られるキャラ紹介の中の
「運命の人と出会い、おしかけ女房のごとく彼に弟子入りし〜」
というくだりでしょうか。
ヤン主、公認?とかウッカリ呟きそうになったよ……(爆)
ビアンカやフローラのキャラ紹介でも「運命の出会い」みたいなこと書いてるし。


……いきなり女性向け発言、すみません。

2005.4.6

続・いたストSPミニプレイ記。

なんか一旦やり始めると無性にハマってしまって
つい「もうちょっと、あとちょっとだけ…」と進めてしまう
魔性のゲームですな、これは。
……いや、私の場合、好きなゲームは大抵そうなんですが……。
だから敢えてDQ8止めてたのに、こっちにハマってたら意味ないし;;

えー、ちなみに。
ロトコース制覇はまだ先ですが順調に勝ち上がってます。

DQの歴代カジノで培った
「調子が良い時はマメにセーブ、形勢不利になったらリセット」
という卑怯技を遺憾なく駆使しつつ。(爆)

ユウナだったかティファだったかに
「ズルしてない?」とか何とか数回言われましたが、
ある意味、ものすごくその通りです。

いいんだ! 操作キャラがイカサマ師のククールなんだから
このぐらいのズルは序の口なんだ!!(あんたククのこといったい何だと。)


ところで、ビアンカがククールのことを
『ククール君』と呼ぶのが何やら新鮮に思えてならなかったです。
ビアンカの方が年上なんですか、もしかして。
それとも使用キャラ関係なくこの呼び方?
(だけどごめん、ヤツをそんな呼び方するビアンカに思わず萌えた…)
そして同ステージで子テリーとも対決することになって
微妙な笑いが浮かぶのを止められませんでした。
いや、でも、青年テリーじゃないからまだ……ねぇ。(何)

2005.4.5

いたストSPミニプレイ記。

最初は(自分の贔屓キャラの)DQ主人公ズは誰も登場してなかったため
女性キャラで好きなビアンカを選んでたんですが、
いちばん初めのスライムコースクリアしたらゼシカとククールが使えるようになったので、
次のチョコボコースは選択キャラをゼシカにしました。
そしてゴールドソーサーでプリン(ムーンブルク王女)と
激しく5倍買い合戦を繰り広げたりしてました。
自分で仕掛けといて何ですが、女同士の熾烈な争い、という感じでおもしろ怖かったです笑。
その後、競り勝ちましたが。
こういうゲーム、ゼシカは強気でガンガン攻めそう…。

で、それからすぐ中断してしまったんですけど、
ロトコースではなんとなくアホ騎士(ククール)を選んでみました。

「なんかイカサマしそうだよなーコイツ…」と私が呟くと、横で見てた妹が
「ゲームそっちのけでナンパしてんじゃないの」とさらにツッコミ
(↑折しもプリンと同じマスに止まってた)。
確かにそっちの方がありそうだ(爆)。

……なお、妹はDQ8未プレイです。

2005.4.3

CTページに短編小説「かくも平和な朝」アップ。

*****

↑『小説』と銘打っていいのか疑問なお話。
何でもいいですが、表ページでのクロノと裏ページでのクロノの性格が
徐々に混在してきてるような気がします。
一応、多少なりとも区別してるつもりだったんですけど…おかしいな。

*****

下の日記、4月1日過ぎても放置しててすみません……。
一旦取り下げておけば良かった;;

*****

DQ&FFのいたストSP、少しだけやってみました。
購入して2ヶ月ばかり経ってからのプレイなので私にしては早い方です(…)。

説明書は一応ざっと目を通したものの、例によって
「うむ、よくわからん。」と見切り発車でプレイ開始。
……攻略本の類は読み込むタイプなんですけどねー……
ゲームの遊び方そのものは、やりながら覚えていくんですよね。

で。株の上手い運用方法もよく理解できていなかった初回は
ダイス目の悪さも災いして最下位でしたが(ぎゃふん)
2回目でようやくコツがつかめてきました。
わかってくると駆け引きが面白いですね。
自分の性格の悪さも再認識するようになりますが。
なんか、マリオブラザーズの対戦で
妹とお互い足の引っ張り合いしまくったこと思い出します。

あー。そういえば、VJの攻略本でフローラの台詞を少し見て、
フローラファンが立腹した理由も理解できました。
確かにDQ5のゲーム本編とは真逆な性格してますね……。
でも、こう言うとさらに怒られそうでアレなんですが、
私、DQ5のプレイ前……というか、5の小説を読むよりも前、
ストーリーを知る以前は、フローラってあんな感じのキッツイ性格なのかと思ってました;;
いやあの、「お金持ちのお嬢様」っていう設定だけ知ってたんで、てっきり。
初めて読んだ少女マンガがキャンディキャンディで
初めて読んだ児童文学が小公女だったもんで(両方とも幼稚園のころ読んだ)、
お金持ちのお嬢様といったらイライザやラビニアみたいにワガママ高飛車意地悪なもんだ、
というステレオタイプイメージが形成されてしまっていたのですよ。
……考えたらマリベルがある意味それを体現してますが。
でも彼女はきちんと一本筋の通った性格だし、根は優しいと思うので。

話を戻して、いたストの話。
1戦するだけでも結構な時間がかかるので、先は長そうです。
DQ6主人公に会えるのは一体いつになることやら……。
(なんで出現条件あんな厳しいんだT_T)

2005.4.1

最近、鳥山作品以外に対するハマりが著しいので
そろそろジャンル変更しようかと思います。













ウソだけど。(by 極楽りんご)

というわけで本日はエイプリルフールです。
まぁ、ここのところフルメタにハマってるのは事実なんですが、
ジャンル変更までする意思はまったく無いんで。
新しいものにハマっても、単に裾野が広がってるだけなんですよね。
当然この場合、中心部分にあるのは鳥山作品という。
気が多いようで、ある意味では一途といえる……かも?

エイプリルフールといえば、2年前だったかにも
ここの日記で「閉鎖する」ってお約束な嘘をかましたな〜、と思い出します。
その頃は今と違って更新と合わせてしか日記書いてなかったので、
わざわざ更新作業を4月1日に間に合わせるようにしてました
(ほんにもう、くだらないことにばっかり精力注いでるし)。
ちなみに、その時は常連さんが軒並み引っかかってしまわれて
やたら罪悪感を覚えたので、その嘘はもう止めようと心に誓いました。
……でも今回の嘘も五十歩百歩ですか。もしかして。

ところで先日初めて知ったんですけど、
エイプリルフールの嘘って本来は午前中だけらしいですね。
今まで午後にも嘘ついてましたよ……。



トップページへ戻る