2005.7.31

うう、また半月振り……。
クロノアンソロの原稿、どうにかこうにか仕上がりました。
あとは無事に届いていることを祈るばかり。

シュラ場の友だったBGMは専らスレイヤーズVSオーフェンのドラマCDでした。
足りないトーンを買い出しに行った時に一緒に買ってきたんですが、
これのイメージソングが甚く気に入ってしまって延々リピート。
切羽詰まってくるとCD入れ替えてる余裕がなくなるというのもありますけども。

それにしてもこのドラマCD、話の中身はギャグなのに
なんでイメージソングはやたら格好良いんだろうという疑問がそこはかとなく。
もしかしてオーフェンのイメージ曲…? そういうことでもないのかな。
オーフェン本編は未読なので詳しくはわからないんですけど、
CDの元になった合作小説で興味湧いたので、いずれ通して読んでみたいです。
昔アニメやってた時も、録画は少ししたけど結局は観ないままで
他のものを重ね録りしちゃったんですよね…。消さなきゃ良かった。

*****

留守中にカウンタ20万越えてたみたいで、ありがとうございます。
予想よりかなり早いペースで回っていたので企画も何も準備できてませんが……(ガクリ)
ともあれ、サイトにご来訪下さってる皆様方のおかげでここまでやってこられました。
それなりに長いことやってるわりに相変わらず拙い管理人ですが、
どうぞこれからもよろしくお願い致します。

2005.7.16

トップイラスト変更。
以前のトップ絵をETCページに移動。
CTページにイラスト1枚アップ。

*****

トップ絵、己の欲望に忠実になってみました。(…)
いや、前が男キャラオンリーのトップだったのと
6人のキャラを収める構図考えるのがそろそろ苦しいってのも理由にあるんですが。

トップのミニアンケート、外しました。
また別の質問項目で設置するかもしれませんが、今回のはこれにて終了とさせて頂きます。
ご協力頂いた方、ありがとうございました! →結果
更新の参考にさせて頂きたいと思います。
それにしても、やっぱり最後までクロノが圧倒的でしたねー…。

えーと。掲示板関係のレス作業は今しばらくお待ちくださ…い……(大汗)

*****

いつの間にかまたバトンが回ってきておりました。
「RICCAN」の希真りっかさんからはコミックバトン、
「ANOTHER FIELD」の津南りょうさんからは
コミックバトン・ゲームバトンのどちらか。ということで。
どっちのバトンも他の某サイトさんでも見かけて、
また勝手に答えちゃおうかなーとかこっそり思ってたので、回して頂けて嬉しかったです。

両方答えてみたらえらい長くなってしまったので、別ページにしました。
というわけで、回答にご興味のある方は下からどうぞ。

コミックバトン回答ゲームバトン回答

バトン回す5人は省略の方向で……す、すみません;
なんかもうあっちこっちに色んなバトンが出回ってますし、渡せそうな人が思いつかないです……;;
ここをご覧になってる方の中で、ご興味ある方は答えてみて下さいー。

*****

えー、さて。話は全く変わるんですが。
クロノのマルチEDに「再会」(クロノ復活させずにED)ってのがありますよね。
あれのシルバード無しでの場合。
私はあのEDを(以下一応ネタバレ反転)
マール一人で風船旅行後、他の仲間たちがクロノを復活→マールとクロノの再会示唆」終了、
という風にしか捉えてなかったんですが(=ハッピーエンド)。
真逆(バッドエンド)であるという解釈もあるんだと知って
今、すさまじい衝撃に見舞われてます……
もしや世間様ではそっちの方が普通なんですかー!?
このED見た人、真面目に意見聞かせて頂きたいです。
なんつーか「DQ4でのEDにおけるシンシアは勇者の見た幻」説(ネタバレ反転)ぐらい驚いた……
…あ。ちなみに私は
(死ぬとモシャスが解けることから)シンシアは実は死んでなかった」説を推しています。
生き返り」説でも構わないんですが。
このシンシア=幻って説も、自分が知ったのってネットやるようになってしばらくしてからなんですよね。
根本的にハッピーエンド志向だからプラス方向に捉えたいわけですよ。
物語ぐらいは幸せな方がいいよ……救いがないのは現実だけで充分だ。

ところで上の文、白抜きだらけでそのまま見るともう何が何やら。
日記でも掲示板でも今までネタバレ垂れ流しダダ漏れだったから
どの程度伏せるべきなんだか正直よくわかりません…つか、今更か、という気が。

2005.7.7

DBページにイラスト2枚アップ。「八卦炉祭」用です。

*****

油断してたら最後の最後までギリギリ滑り込みアップ。たはー;
なんつーか夏休みの宿題を8月31日に慌てて片付ける
のび太くんやカツオくんに共感を覚えてしまう、そんな日々。
七つのお題も結局コンプリートできなくて悔しい……(T_T)

*****

えーと。拍手絵総入れ替え効果はすごいなーというか。
日曜以降、解析画面のぞいてみたら思わずギョッとしてしまったほどの勢いで
拍手して下さってありがとうございます。
(コメントも嬉しいですv 本当、ありがとうございますー!)
ちなみにお礼絵は3種類でランダム出現ですが、
確率的にいちばん出にくくなってるのはたぶんエイラのじゃないかと思います。
単に設定上の問題でそうなってしまってるだけなんですが、
見られたらちょっとラッキー、かも…?

*****

トップページのミニアンケートは来週の中ごろに外す予定です。
そろそろ結果も見えてきたかなー、ということで。

2005.7.3

DQ裏とクロノ裏にイラスト各1枚アップ。
CT裏のWEB拍手お礼画像、総入れ替え。

*****

裏の更新、たぶん両方とも8ヶ月だか9ヶ月ぶりかと。
……あー……CTの方はいつぞやにこっそり追加したのありましたが。
DQの拍手絵もボチボチ変更したいです。
ていうか、裏そのものを改装したいんですよね…
DBも追加して3ジャンルまとめて管理したくて。
運営方針含めて、いろいろ考えどころです。

*****

ミュージカルバトンが「なんなるや」さんから 今度は名指しで回ってきました。
(6月27日の日記で答えた時は、日参サイトさんの日記に
「この日記を読んだ方、もし興味があったら答えてみてください」
とあったので勝手に答えたのです)

いったん回答してるので、部分的に変更して回答しますね。



● 今聞いている曲

JAM PROJECT『JAM-ISM(JAM PROJECT BEST COLLECTION III)』

これ収録の『DRAGON』(新ゲッターロボOP曲)の歌詞って
なんとなくDQ8の主人公くんを思い浮かべてしまうんですが。
「竜の戦士」とか「若き勇者」とかさ……
自分がこのCD買ったのと同時期にDQ8発売だったから、尚更かもしれません。



● よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

前の回答ではゲームミュージックはいっさい挙げてなかったので、
そちらで思い入れのある曲たちを。

○ ドラゴンクエスト6「時の子守唄」
ゲーム中では1回しか聴いてないのですが;
エンディングのシーンと相まって感慨深さと印象の強い曲。
バーバラ―――!! うわーん(号泣)
7のED曲「凱旋そしてエピローグ」も甲乙付けがたいです。

○ クロノトリガー「クロノ・トリガー」
原曲よりも、実はリメイク版でのアレンジ
(OPアニメ使用のもの)の方が好きかもしれない。
これ聴くと、ものすごくクロノを再プレイしたくなって仕方ないです。

○ テイルズオブファンタジア「FIGHTING OF THE SPIRIT」
シンフォニアでも精霊との戦いでアレンジ使用されてますね。
非常に燃える一曲。個人的には、精霊戦よりも
ガルフビースト戦でのイメージの方が強かったり(闘技場入りびたり)。

○ スターオーシャンセカンドストーリー「The incarnation of devil」
対ルシフェル戦の曲。聴いていると、るっしーのおしゃべり台詞まで
同時に空耳として聞こえてくるのが罠(笑)
「滅びの風をその身に受けるがいい」とか「どうした、かかってこないのか」とか。

○ 幻想水滸伝「幻想の世界へ」
他シリーズのOPも好きなんですが、原点はやっぱこれかなーと。
冒険の予感を感じさせる曲だと思います。
幻水2の中で、アレンジされてかかってたのも良いですね。

あと、トルネコの大冒険2のトロ遺跡の曲も延々リピートかけまくるほど好きです。
(似た系統だとDQ7の「スフィンクス」もお気に入り)
それから、テイルズシリーズの歴代OP曲はみんな好き。
特に好きなのは「夢は終わらない〜零れ落ちる時の雫〜」ですが。
ゲーム自体は未プレイですが、聖剣LOMの「Song of MANA」も
この曲のためにサントラ自分で買ってしまったぐらい好き。
FC版テトリスの「TECHNOTRIS」も自分的に外せません。

って、また余裕で曲数オーバー……。これでも絞った方なのに;;

…にしても、爆発的な勢いで広がってますねーミュージカルバトンって。
全然ジャンル違うところの日記でもよく見かけますし。

2005.7.1

日記、6月30日分に追加するつもりが
眠気と傷の痛みに耐えかねてそのままダウンしましたすみません。
(昨日の夕方、チャリで派手にスッ転んだのですよ……我ながら間抜けだ)
それにしても、傷めたのが手とか指とかじゃなくて良かったー!
なんて思う辺りがオタク根性まるだし。

*****

先日回答してたミュージカルバトンとは別のバトンが、
しまこさんのサイトから思いがけず回ってきました。
…や、自分で言うのも何ですが、うちってDBサイトとしては引きこもり傾向だと思うんで
名指しで回ってきたのが意外だったというか;;


今回のは発信の大元がはっきりしないので、
以下の質問文はしまこさんの所に書いてあったものをそのままコピペしました。



□4つの質問を誰かに向けて日記等で3人程(名前は指名で)に発信。
□受け取った側は質問に答えて、受け取った質問を発信。
□それのループ
※バトン(質問)を複数人から重なって受け取った場合は
新たな質問を4つ考える事。(質問の摩り替え)
※良い加減鬱陶しくなってきたら、バトンはタッチしなくても可。(終了)
※答えられない、答えようの無い質問は不可。

まぁ、不幸の手紙をフレンドリーにした質問バージョンみたいなものです。
早速、開始ーーーー!!!!



■Q1 今、無性にはまっている漫画とそのキャラクターは??

DB……は言うまでもないので省くとして。
「無性に…」といったら『スレイヤーズ』と『フルメタル・パニック!』かな。
って両方とも原作はライトノベル……。
でもメディアミックスで漫画も出てるので見逃して下さい;
スレイはこのところ再々々燃、フルメタは昨年末からの継続。
キャラクターはガウリイと宗介。
両方ともボケたおしてはヒロインにドツキまわされるヒーローって辺り、
私の好みはわかりやすいですね。

単純に読んでて面白いと思う漫画はたくさんありすぎて挙げきれません。
最近通して読んだといったら『うしおととら』ですが、
キャラはまり〜という感じではないので(あの漫画は萌えより燃えだと思う)。



■Q2 最近聴いている音楽ってなぁに??

ミュージカルバトンで答えた時はスレイのサントラでしたが、今はユーロビートです。
これ書きながらかけてるのは『SUPER EUROBEAT』シリーズのVOL.82。
昨日アップした絵を描いてた時は
ウィンダム・ヒルの『Chikai(WEDDING COLLECTION)』をBGMにしてました。



■Q3 お勧めの映画はなぁに??

最近は映画って全然観てないので昔のが多くなりますが。
老若男女問わず勧められそうなのは『天使にラブソングを…』かな。
個人的には1作目の方が面白かったと思います。
ウーピー・ゴールドバーグが好演してて、まとまりも良い作品かと。
昔のポップスを賛美歌調にアレンジした曲もすごく好きです。
似た路線だと、『サウンド・オブ・ミュージック』とか『メリーポピンズ』もお薦め。

恋愛モノやファンタジーがOKな人なら『ゴースト 〜ニューヨークの幻〜』。
ラストシーンの二人の別れにはついホロリと来てしまいます。
前述のウーピーもインチキ霊媒師役で名脇役をつとめていてコメディ色も有。
恋愛ファンタジーだと他に『プリンセス・ブライド・ストーリー』も好き。

アクション路線なら『インディ・ジョーンズ』シリーズとか
『ターミネーター』シリーズ。インディ〜は特に2作目が好きです。
有名映画のパロディや下ネタといったノリが許せるなら
『ホット・ショット』とか『裸の銃を持つ男』のシリーズも是非。爆笑モノです。

挙げてみたら洋画ばっかりだ…。邦画、ほとんど観ないので;;
あ、『シコふんじゃった』とか『マルサの女』とかは面白かったです。



■Q4 毎日欠かせない事!!!!

音楽を聴くこと。本当、CDやらカセットテープやらを
かけてない日がないぐらい、毎日何がしかの音楽聴いてます。
(MDじゃなくカセットなところが古い人間だなーと思いますが)
あと、家で紅茶を飲むこと。いや、紅茶じゃなくて
コーヒーでも烏龍茶でも番茶でもココアでもホットワインでもいいんですけど。
夕食後にはほぼ必ず何か飲んでます。PCしながらとか絵を描きながらとか。



バトンを渡す人は、これ、クロノサイトさんでもOKなんでしょうか。
DBだと渡せそうな人がどうにも思いつかな……ゲフン!

えーと。『Pocket』の吉原もとさんと
『CHRONO DREAM』の流星さんと
『新大陸』の蒼海瑞輝さんで。
ご迷惑でしたらスルーの方向で構いませんので;;

*****

上で映画の話を書いてて思い出したこと。
私の父が買ってる映画関連書籍で、「映画イヤーブック」
(その年劇場公開されたタイトルを網羅・紹介した本)ってのがあるんですが。
1991年度版における、DBZ『この世で一番強いヤツ』のあらすじ紹介で
こんな一文がありました。

「Dr.ウィローは亀仙人と悟空の妻ブルマをさらう。」

ち ょ っ と 待 て 。

いつからブルマが悟空の嫁さんになったんだ。

しかもその後の文章にも「妻や仲間を助け出すのだった」とあるところから見て、
この記事書いた人、本気で思い込んでるっぽい。

つか、この映画、ちゃんとチチさんも登場してるはずですが。
悟空さが家から出かけるのを見送ってるはずですが。
なんというか、豪快なミスですね。
そりゃ確かにフツーこういう状況でさらわれるっつったら
ヒロイン――主人公の恋人なり妻なりがパターンだわな、とも思いますが。
でも、DBのヒロインはブルマだけどヒーローの嫁はチチなんだよー頼むよー(笑)
まあ、見つけたとき笑えましたけどね、この記事。



トップページへ戻る