2009.4.25

DB改もハガレンも、リアルタイムだと時間の都合で観られないということもあって、私はビデオに録って観てます。今時DVDじゃなくVHSかよという感じではありますが。

で、そのビデオ。使ってるのはテレビデオなんですけど、考えてみたら魔人ブウ編の途中からとはいえ、Zの本放送を録り貯めたのも同じこのテレビデオだったっけとふと思い出して、妙に感慨深くなりました。録画し始めたのって1995年前後の話ですよ。ずいぶんとまあ長持ちなもんだと、改めて認識してちょっとびっくりしましたよ。ちなみに我が家は初代赤白ファミコンもスーパーファミコンも未だにフツーに稼動します。スーファミは10数年前に買い直した2台目ですけどファミコンは20年近く前のものです。なんて丈夫。

そんなこんなで、週遅れDB改第3話感想(もはや開き直りつつある)。
バトルの時間稼ぎを省くとこんなに短くなるものなのですね、と。原作のスピード感溢れる戦闘シーンが再現されてる感じで、サクサク進むのは観てて小気味良いです。それにしても、はや3話目にして主人公死亡というのはいいんでしょうか。Zでも5話ぐらいでお亡くなりですが本来は無印という流れの前段があって、でも改にはそれがないわけで。まあ世の中、しょっぱなからいきなり主人公死亡って作品もあるし、いいのか。いいのかな。

でもって、この時の悟空さの死はセルゲーム時に比べればわりと冷静に観られるんだなー私、と思いました。生き返り前提だったからというのがあるかも。リアルタイムで観てた頃は「(単純に)好きな作品の主人公」という認識で、まだ深くはまり込んでない時だったから、ということもありそうですけど。

だけどクリリンが悟空の手をずっと握って励ましたり最期を看取るのにはすごくきゅんときます。悟空が気にかけてるのが悟飯くんのことで、チチにどやされることの方が、ある意味自分が死ぬことよりも一大事、って辺りにも。親友コンビ萌えと親子萌えと最愛カプ萌えが何気に混ぜこぜで詰まってるんですよねこのシーン。

ところで、ベジ&ナッパもちらりと登場しましたが。気になってた王子の髪とプロテクターの色、さすがにちゃんと修正してあったので、安心したようななんだかちょっぴり残念なような。初期のあの愉快にハジけたカラーリングは公的に黒歴史化ということですね。黒髪なだけに。

そんな山田君にザブトン回収されそうな阿呆な戯言はさておき。
最後の最後、次回予告の悟飯くんの「緑のおじさん怖い〜!」には吹きました。いやまあZでもおじさん呼ばわりしてましたが! そう見えて彼はきみと4歳しか違わないんだよ悟飯くん! だからそんな交通安全のおばちゃんみたいな呼び方はやめてあげて! ……しかしよく考えてみると、後半のほとんど保父さん状態のピッコロさんは学童擁護員が似合いそうな気がしなくもない爆。

あ、そうだ。今さら知ったんですが、改のBGM担当ってヤマケンさんだったんですね! いやその、OPにも名前きっちり出てるだろっつー話ですが。こう、つい無意識に絵の方を(特に悟空を)目で追ってしまうので、気づくのが遅れたというかなんというか。何度となく観ているCTのアニメムービーでもほっとくとクロノとマールばっかり見つめてる奴です。

*****

ハガレン感想もちらっと。
こっちもやたらテンポ良く話が進んでいくなあ、と思って原作ちょっと読み返してみたら、連載の2話分を1話にまとめてたというのもあるんですね。そういや前アニメではリオールで2話使ってたっけ、とDVDブックレットも見返してようやく思い出しました。あんまり内容詰め込みすぎても単なるダイジェストっぽくなってしまうので善し悪しなんでしょうけど、ある程度は濃縮してある方が間延びしないで良いのかも。

ロゼの声、EDでキャスト見るまで気づきませんでしたが、フルメタのかなめだったんですねー。鋼ファンブックに載ってたおまけ4コマとなぜか脳内でおかしな融合合体を起こして、ハリセン一本でリオールを掌握していくロゼという電波を受信しました(…)。んで前アニメでは声違ったはずだけど誰だったかな、と思って調べたら、フィリア(スレイヤーズTRYの方)でしたか。こっちだとわりと薄幸のヒロインなイメージだなぁ……というか、実際前の時の彼女は思いっきり幸薄かったような。

次回はもうニーナたちの話をやるようで。炭鉱話は後に回すんでしょうか。それとも省略? でも、原作どおりメイが登場するんだとしたら炭鉱夫たちと関わり出てくるし、あとついでに一応ヨキも地味にストーリーに絡んでくるわけだし(※ヒデエこと言ってますが別にヨキが嫌いなわけじゃなく、ああいうザ☆小悪党なキャラはむしろ好きですネタ的な意味で)。

2009.4.19

ETCページにイラスト1枚(DQ5&CT・40万HITリクエスト企画絵)アップ。

イベント・企画応援リンクに6件
(「悟飯祭-2009-」「無印祭!摩訶不思議アドベンチャー」
「WEBアンソロジー企画 ドラゴンボールW」「宗かなアンソロ告知サイト」
「DQオンリー同人誌即売会 もうひとつのせかい」
「クロノトリガー合同誌企画 CHRONO DE REVOLUTION」)追加。

*****

企画系リンクにまとめてガッと追加しました。
この時期、特にDBは孫家週間も近いためか、ここ数年いろいろ企画が持ち上がるシーズンという感じなのでワクワクします。
期間限定の祭ではないので企画リンクには貼ってませんけど、

こちらでも作品募集されてるみたいで。そのうち同盟登録しに行きたいなー。

私、それなりに長いことDBジャンルにいると思うんですが、どういうわけか飯ビーの同盟って今までずっとなくて、初めて見たような気がします。って、単に自分が見落としてたり気づかなかったりということだったら申し訳ないですが;;

*****

DB改、第2話感想。
週遅れ放送地域じゃないのに週遅れな感想になってるのは気にしない方向で!

サブタイトルでその週の内容を全力でネタバレしてるのは、旧来からの伝統を受け継いでるんでしょうか。というのはさておいて。前回の感想でうだうだ言ってた悟空さの台詞については、削られずにそのままでした。劇場版なんかでもそうですが、ああいうふうな、おとーさんしてる悟空がたまらなく好きです。私の「保護者」ポジションな男性キャラ萌えの原点にして最上級はどう考えても彼だなあと改めて実感。悟空の場合は、親だとか父性だとかそういう言葉からは実際程遠くかけ離れた位置にあるくせにコノヤロウ、というようなある種のギャップ萌えも多分に含んでるようにも思います。

それにしても、もうはやここまで話進んじゃうんだー、というか、原作でいうと数ページほど展開すっ飛ばしとりゃしませんか。具体的にいえば(地球の)ドラゴンボールでは二度目は生き返れない云々の会話とか、ピッコロさんが物陰から様子を窺ってるあたりとか。

後者はまだしも(いやあまり良くはない気もしますけど、あれだとピコさん一体いつのまにどっから降ってわいてきたの的な)、前者のほう、後々の会話に地味に響かないだろうかと……VSサイバイマン時のヤムチャとクリリンの会話とか、フリーザ編での界王星のやりとりとか。展開がスピーディなのはいいですが、ちょいと削りすぎでは。そういや悟飯くんの帽子にドラゴンボールがついてるからレーダーで追える、って説明も思いっきり省かれてたなぁ。初見の人には不親切な気がするんですが。でも、考えてみるとDBに触れるのが改で本当に初めてな人って、はたしてどれぐらいいるものなんでしょうか。


それと、ハガレン感想も少々。例によって一応反転。
兄弟の過去編、原作のあちこちからエピソード引っ張ってきてまとめた感じでしたね。ここらへんは、主だった情報が出揃った今にアニメ化した強みという感が。エド・アル・ウィンリィの幼なじみ三人組ちびっこ版、可愛いなぁ。

つか、1話めは完全オリジナルだったし、てっきりリオールすっとばして(その話があったことにして)ストーリー進めていくのかと思ってたら、しっかり次回やるんですね。前アニメとどういう風に差別化するんだろう。といっても、正直いうと前アニメの細部はもう大分うろ覚えだったりするんですが;; とりあえずゲストヒロインのはずのロゼが、なぜだかメインヒロイン格っぽくなってたのは覚えてますけど。

ところで、初回は出番少なかったこともあって気づかなかったんですが、ホークアイ中尉の声も替わってたんですね。へっぽこーずのCDドラマでマウナやってたひとかー。大佐の声が大川さんのままだったら、バスとマウナが揃ってたんだなとか思ったり。考えたらノリスの声優さんも、アニメ化前のハガレンCDでエドの声だったような。へっぽこCD、地味にハガレン関連のひと多し。

*****

拍手&メルフォレス。

4月7日
>もとさん
あらま、思いがけず電波受信したっぽい笑。さすが絵チャ定例メンバーはシンクロ率400%、ということですかのう。なんだかんだ付き合い長いから、思考過程が微妙に似てきてるのかもねー。私、人様の影響受けやすい性質ってのもあるし。

「感謝する」と「出会えてよかった」のふたつの台詞なら、どちらか択一にしなくても、合わせ技で両方言わせてもいいんじゃない?とか思ったり思わなかったり。意味合い近いけど、一緒に言っても不自然じゃないと思うんだ。
ところで「出会えてよかった」は、ウチとこだとマールからクロノに言わせたことがいつかあったなぁとふと思い出したよ。たぶん、CTパーティキャラのみんなも思ってることだろうなと。別々の立場、別々の場所、別々の時の流れに生きる者同士が出会うって、ほんと大いなる浪漫だよね。

OPでベジ出ずっぱりは、まあ、ヤツはああ見えてサイヤ人編でのメインボス位置ですし。もしも編ごとにOP替わるとしたら、妥当な出番ではないかと。ラディ兄の声、私も実はなじみがあまりないのですよね。というのも、リアルタイム放映時は声優さん意識してなかった上に、Zの前半は諸々の事情でアニメDBからは離れがちになってたので(原作はずっと追いかけてたけど)。千葉さんだと知ったのはずいぶん経ってからだったので、驚いたですよ。幽白で桑原の声のイメージついた後だったからなおさら。

レスが長いのは当サイトの仕様ですのでお気になさらずー。内容にもよるんですけど、昔から全般的にお返事って長くなりがちなんですよね。自然と。つか、書きたいから書いてるんだし。そしてリンク修正ありがとうございます。お手数おかけしました;; お題といや、私もやりかけなお題がDQの方で2つ……(遠い目)

4月13日
>はじめまして、いつも〜の方
初めまして、イラストへの感想ありがとうございます。
自分ではそういうふうに描けているかどうかはわかりませんが、ほのぼの路線で描くのも好きなので、「優しい」という言葉を頂けてとても嬉しかったですv とりわけDQ5主人公は、博愛という感じのグローバルな優しさが似合うひとという個人的なイメージを持ってるので、自分で描く時にもその雰囲気が出てたらいいなと思います。

某小説というのはオフィシャルで出版されている、久美沙織さんの小説のことでしょうか。だとしたら、私はあの小説も好きですよー(むしろDQ5に入ったのは小説→ゲームの順番でした)。父子のすれ違いや仲違い的な場面も、小説では主人公の“父親としての”成長物語、という部分があると思うので、あれはあれで有かなと。「雨降って地固まる」というような。焚き火のそばで、主人公と男の子のわだかまりが解ける場面が大好きということもあると思うんですけど。

あ、もちろん、個人的な好みの問題ですし、自分の受け取り方を押し付ける気はありませんが;; 勇者かそうでないかにかかわらず、双子のどちらをも分け隔てなく大らかに愛しているというのもまた、私自身、理想のひとつですし。リメイクで子供たちとも会話できるようになって、その気持ちはより強くなった感があります。双子ちゃんたち、どっちもすごい可愛いですよね……vv そして、ビアンカも無論のこと。自分ではフローラさんやデボラ様(なぜか様付け)をお嫁さんに選んだことがまだないのですが、他所様のサイトなどで会話内容をちらほらと見るに、彼女たちも素敵だなぁと思います。というかDQキャラはみんな良いですね!

ではでは、またDQ絵もマイペースながら描いていきたいと思ってますので、よろしければこれからもお付き合いの程を頂ければ幸いですv

2009.4.6

日付跨いでしまいましたが、DB改観ました! って、週遅れのところもあるっぽいし、反転入れた方がいいのかな。でも基本は再放送だしなー、うーん;; ……まあいいや、伏せはここでは無しでいきますので、ネタバレ完全に避けたい方は以下ご注意ということで。

OP・EDは曲も画像も新規のものということで、歌が影山さんじゃないのが個人的には残念なんですが、これはこれで良いかな〜と。画像はOP、曲はEDの方が好みです。OP、孫親子に萌え、悟空VSベジータのバトルには燃え。EDは導入の演出が素敵だなぁ、というか悟空の背中ってなんかこう、良いですよね。実に良いですよね(大事なことだから二回言いました)。

OPもEDもサイヤ人編中心で若干フリーザ編という絵だったので、もしかしてフリーザ編以降に曲ごと替わったりするんでしょうか。それとも大元のZみたいに、部分的に差し替えとか? 本編が再編集なら、OP・ED絵ぐらいはまめに変更してほしいな、というのは贅沢ですか。かといって、アニメのテーマ曲自体がコロコロ変わる風潮はあんまし好きじゃないんですけど……ワガママですね、ええ。

んで、本編のほう。いきなりバダ父ちゃん登場だったからちょっと驚き。なるほど、こう来ましたか。……こないだのローソン一番くじのこと思い出して、うっかり条件反射的に吹き出しそうになったのはここだけの話(2月26日の日記参照)。

再編集で原作の流れを再現とかいうような話を、こないだ検索してウロウロしてる時に見かけた気がするので、冒頭の悟飯くん登場らへんのアニメオリジナル場面はさっくり全部削られてたりするのかな、と思ってたんですが、そこまでではなく。あの辺りのシーン好きなので、残っててくれて良かったです。これからもこんな感じで、ところどころはアニメオリジナル要素、残るんでしょうかねー? 私が悟チチにはまったきっかけの会話はぜひとも残っててほしいなぁ。でも、そもそもZの最後まではたして放映するのやら。

アニメオリジナルといえば、たぶん次回になるはずの、悟空の(悟飯に対しての)「向こうへ行ってなさいっ!」の台詞はどうなってるかちょっと気になります。悟空がこんな言い回しするのはレアなのと、父親っぽさが前面に出てる感じでなんか妙に印象に残ってて。 アニメコミックスでは削られてたみたいだし、やっぱり入らないかなー。

それと、桃屋のCMには笑いました。他所で見かけたこちらの記事で事前に知ってはいたんですが。それでもインパクトすごい笑。つか、何気にピッコロさんまで食卓囲んでご飯(悟飯に非ズ)食べている件。ナメック星人は水しか飲まんだろということもさりながら、何だろうあのほかほか家族……笑。

あ、そうそう。日記絵は最近のお約束と化してきている、サークルカットです。オールジャンルイベントのサークルカットは欄が狭いから、毎回構図に悩みます。結局いつも似たりよったりになる;;

*****

ハガレンの新アニメも観ました。あまり核心には触れてない感想ですが、これは反転した方が良いかな。ただ、携帯で見ると白抜き文字にならないみたいなのでご注意。

今回は前回のアニメと違って原作沿いらしいと聞いていたので、また原作第1話のストーリーから始めるのかな、でもそれだと第1話はあんまり前回アニメと変わらないよね?なんて思ってたら、第1話は完全にアニメオリジナルでした。いきなり軍部の人々が軒並み出てきてるし。だけど流れが良くて面白かったです。登場キャラ多かったから、今回初めてハガレンに触れる人にはキャラ把握しづらいかも……?

前のアニメもあれはあれで好きでしたが、今回の方が話のテンポやノリが好みです。絵的にはどっちかというと前回の方が好きかな。次回予告を見るに、序盤の構成そのものは前回のアニメに似てるような。兄弟登場→過去の回想、という辺り。
某無能なひとの声が違うのにはやっぱ違和感ありました。でも、観てるうちに慣れそうな感じ。それにしても、三木さんかー。個人的に、三木さんの声はフルメタのクルツのイメージ強いです。


DB改もハガレンも同じ曜日だし、これから当分、毎週日曜日が楽しみ。

*****

とあるテイルズサイトさんに久し振りに行って過去ログ遡ってたら、日記絵に魔王様(CTの)がいたのでびっくりしました。わあ不意打ち。
こういう思いがけない出会いも、サイト巡りの醍醐味だなと嬉しくなった現在深夜●時(寝ろ)。

*****

拍手&メルフォレス。

4月1日17時
>このサイトいつも〜の方
お褒めの言葉ありがとうございます!
クロノ×マールが私自身大好きなので、他の人にもさらに好きになって頂けたら、これほど嬉しいことはありませんv
もちろんこれからも頑張りますよー! 応援、感謝感激です!

……あまりに嬉しいコメントだったのと、頂いた日付がエイプリルフールだったので、思わず「こ、これは罠!?」と疑ってしまったのは秘密ですごめんなさい。

4月2日
>もとさん
(元)ローディストのため、緑川氏はナチュラルにいつもグリリバ呼びなんです、私(と妹)。だからつい。
そして、改の放映始まりましたね。こっちでは昨日でしたが、そちらでも同日でしょうか。天さん登場はもうちょい先だけど、声、どんな感じだろうと今から気になってます。

まおマでもオッケーか、そうか。ジャキだったらまだ不器用そうに「ありがとう」はなくもない気がするけどねー、魔王はねー。難易度ウルトラCよね。ただ、あの後ちょっとまた考えてみたけど、言い回し変えたらまだなんとかイケなくもない……かなー……という気がなきにしもあらず。沈黙しまくった後で、「……感謝する」とかぼそりと聞こえないような声で低く呟くぐらいならギリギリ有りかなと。で、マールはその様子にちょっぴり苦笑い、みたいな。問題はそこにたどりつくための過程(ネタ)が思いつかないことかな☆

宿題。ああ、そういうものもあったような。いや、期待してないとかそういうんじゃなくてね、もとさんの負担になってるようならそんな背負い込まなくて良いのですよ、と。私からのリクなんて特に、拘束性や義務があるわけじゃないんだしさー;; ついでに10周年お題は忘れてても構わないってかあれお題ページの規約にも書いてるけど、一題から使用OKだからコンプリせんでいいのよ実際問題。……そういや、ずっと言いそびれてたからさらについでに。10周年祭サイトのアド流用してCT同盟つくったから、移動させたお題ページの方(http://www.north-wind.ne.jp/~yukari/ct/ctt/ct10th_theme.html)に、気が向いた時にでもリンクつなぎかえて頂ければ有り難いです。ときどきそちらのお題ページから飛んで来られる方いらっしゃるみたいなので。

DQ9の増刊出てほしいですけどね、二次創作的な意味で資料にとても良いから(そこか)。8とクロノはすげー役に立ってますわー。6は公式ガイドの方が使い勝手よろしいですが。
そして今度(7月)はさすがに発売するんじゃないでしょうか、ってか出ないと色々マズイ気がするですよ。結構な土壇場で4ヶ月も延ばしたわけですし。しかし、さらに延びたとしても不思議じゃない辺りがDQクオリティ。まあ、この手のことに関しては気が長い方なので、当てにせずのんびり待ちますさ。不具合あるよりか、延期で作り込んでくれる方がありがたいので。

DSCへの協力は真面目な話、やりますよ? 私のできる範囲なら。さすがに無茶は頼まれないだろうと信じてる……!笑

>殻木なほこさん
リンクとご報告、ありがとうございます。
トラパンお好きなんですね! 私も好きですv 最近はDBページの更新そのものが滞りぎみですが汗。DBアニメ再放映も始まったことですし、いろいろ描いていきたいところです。
イラストへのお褒めの言葉、照れますが、嬉しかったです。
応援もありがとうございました! なほこさんも、サイト運営がんばってくださいねv

2009.4.2

DB改(再放映のアレ)の正確な放映時間と放送局調べとこうと思って検索してて、本気で吹きました。

天さんの声、グリーンリバーライトってマジっすか!!

16号と声かぶってるじゃん、二役!? 二役なの!?
というか見たのは公式サイトだけど更新日が4月1日だからちょっと疑っちゃったよ! どうなんですかそこんとこ!

2009.4.1

今月号というかもう先月になってしまいますが、VジャンプのDB漫画(JSATアニメのコミカライズ)前編、やっと読むことができました。鳥山先生本人が描いてるわけじゃないので、オフィシャル同人な感はありますがいやそのゲフン。てっきりVJ本誌に掲載なのかと思ってたら、別冊の付録冊子だったんですねー。なんだかますます同人誌ちっく。サイズ的にも。 DBジャンルはB5よりA5サイズが比較的多い気がするので。

あ、そうそう、今日の日付はアレですけど、別に嘘はついてません。本当だよ……(と某オーフェン後日談の如く)(こう書くと途端に嘘っぽくなるのは何故だろう)(つかエイプリルフールなのに特に何もないサイトでごめんなさい)(そしてカッコ書き多すぎ)

一応ネタバレ反転。
とりあえず、巻頭の鳥山先生の原作者コメントはちょっくらぶっちゃけすぎじゃありませんかいとツッこんでみる。確かにそうかもしれないけど、もう少しオブラート! オブラートを! とか思ってしまうのは、私が気にしぃなだけですかそうですか。

内容的には、アニメの方より話のテンポが良くなってる感じでしょうか。あと、オリキャラのターブルが、見た目かなりベジータに近くなってますね。個人的にはアニメのままのデザインでも良かったんじゃないのかなーと思ったりして……正直プロテクターとか表情でしか見分けがつきにくい;;

あ、そういえば、日記に書きそびれてたんですが、JSATアニメは公式サイトで配信されてる時に観ました。色々と設定的なツッコミどころはまあおいといて、メインキャラにはほぼ一通り見せ場が作られている感じで、それが嬉しかったです。漫画後編でそこらへん丁寧に描かれてるといいなあ。欲を言えば、悟空さがもっと(正統派な形で)出張ってくれたら以下略。

先月の犬マユは丸々クロノトリガーのネタだったし、最近のVJは鳥山関連作品スキーにはとても良い感じです笑。予定通り3月にDQ9が出てたらさらに、だったんでしょうね。VJといえば、DQ9は増刊出るんでしょうか。6と8とクロノは持ってますけど……そういや7は出てないのかな?

*****

死別のように、大切な相手の存在そのものがなくなってしまうのと、確かにそこに存在はしているのに、自分にはその相手の息遣いや温もりや生きている存在感といったものにけして直接は触れることができなくなるのと、いったいどっちが辛いんでしょうね。比べることはできないのかもしれませんけど。

……ということを、久々にふと見たくなって起動させたLikelife an hourの姫子EDを見ていて思ったわけですが(すみませんギャルゲです)。詳しく言うとストーリーの核心に触れるので一応避けますけど、なんかこれ、DQ6の主バにも通じる状況だなあと……。って、そういえば、DQ6のネタバレもリメイク前だし避けた方がいいのかな。だけどうちのサイトだと超今さr(略)

とはいえ、念のため反転。
自分の中で考えてる、EDでの主人公とバーバラの別れを描くときには、お互い前向きな感じにしたいと思ってるんですけど。
別れの後、「彼女の髪に触れたい、笑顔が見たい、抱きしめたい」なんて切々と訴えかけるように求め焦がれて嘆く主人公というのも、それはそれでアリなわけで。というかそんなふうに呟かれたら泣きます私(実際Likelifeで泣いた)。ともに納得ずくの別離で、「そこ」に互いの存在があることを理解していても、やっぱりきっついですよね……。Likelifeは救済エンドもあったけどなー……DQ6リメイク、真面目にどうなるんだろ。


ところで、そのLikelifeのおまけシナリオでの「あとりんの事かーっ!!」には吹き出しました(注釈:攻略ヒロインに「あとり」という名前の女の子がいます)。いやまあ、元々その手のパロネタが満載なゲームなんですが。ドラゴン忍伝の奇妙な碁とか笑。たぶんDB+ナルト+ジョジョ+ヒカ碁。あと、私がわかる範囲だと、ガンダムにキャプ翼、あ〜るのネタがあったかな。それから、ラピュタとデスノも。
ちなみに同メーカーの別作品(PC版)には、ゲーム中でコインを集めると、ドットグラフィックな玉座の間でコイン王女が枚数に応じてアイテムと交換してくれるという、なかなかギリギリなおまけモードがあります。さらに別ゲームのドラマCDで「四十八の必殺技のひとつ! ファイナルフラーッシュ!!」とか、某野菜王子と同名の技を叫んでたこともあったなぁ。そういったパロディ好きだし、元ネタ好きな身としても、見つけるとなんだか嬉しかったりします。

……それにしても何ジャンルの日記だコレは。

*****

拍手レス。

3月20日
>もとさん
HARUお疲れさまっしたー! 私ももとさんともご一緒したかったですよー。次、呑める機会があるとしたら夏以降ですかねぇ……。遠いなあ。でも〆切があるとマッハで駆け抜けてやってくるもんですよね爆。

謝罪ゼリフ、気が合いますねv 笑 新刊の方はまだ13番目のアレまで自力でたどりつけてないから未読ですが;;ごめん。てか、微妙にかぶりそうな発想かなとは日記書きながらちょっと私も思ってたvv そしてもと姉だったら絶対相手はクロノだなとも思ってたさ☆ というわけで、読みたくても自分じゃ書けないからぜひ書いて下さいv(押し付けた)
ちなみに私がマール相手にしたのは、単にうちのとこだとパーティメンバー中でいちばん魔王が油断して、ぽろっと台詞こぼしてくれそうなのがマールかなと思ったからです。ルッカでも有かも。「ありがとう」はどうにもごっつい無理くさいけど笑。

CMはどういたしましてー。うちのサイトじゃどの程度の宣伝力になるんだかという感じですけども。新バナーできたらトップにも貼りますね♪ 他ジャンルの大きなオンリとのかぶりはもはや仕方ないのではないでしょうか……オンリーのシーズンでもありますし。頑張りま「しょう」なのは、サークル者もイベントをつくる参加者の一員ということですねわかります。絶対に直で行けると確定したなら、スタッフやってもいいんだけどね本当に;; それ以外でも、何か手伝えることがあれば言って下さいな。



トップページへ戻る