DQ9のネタバレがありますよ
DQ9のネタバレは反転表記ですが、携帯などでは普通に表示されてますのでご注意を。

2009.7.31

DQページに小説「SIGN 〜兆〜」(DQ9)アップ。

*****

おまえゲームクリアしてから書けよ、って感じなんですが、なんか昨晩不意に思いついて、今日あっさり書き上がっちゃったんで……。正直な話、自分で驚いた。本編のプレイが進んで設定上のつじつまあわせにマズイところ出てきたら、後でこっそり書き直してるかもしれません爆。

そんなわけで、これ書いてたので今日はまだDQ9やってないです。プレイ記はまた明日以降に。

2009.7.30

DQ9のすれちがい通信もぼちぼちとやってます。地元はイナカだからか残念なぐらいからっきしですが、やっぱり札幌の中心街に出ると、平日でもそこそこすれ違うことできるもんですねー。学生さんは夏休みに入ってる時期だからってこともあるのかな。

とはいえ、私はまだ20人に満たないぐらいなので、100人超えなんて話を耳にすると、良いなぁ羨ましいなぁと思います。夏コミ、今年は一般で行ける予定なので、そこでたくさんすれ違えるよね!と、今からそっちの意味でも楽しみです。30人超えたらリッカちゃんが喜んでくれるらしいので、ひとまずそれが目標。待っててリッカちゃん! きみの喜ぶところが見たいから、僕がんばるよ!

どうでもいいですが、呼び込みって、やってることはほとんどナンパですよね。これで主人公の装備がブーメランパンツだったら、「極上ナンパ師」かな……とかアホなこと考えました(TOS称号ネタ)。

*****

DQ9プレイ記。
現在、総プレイ時間は約50時間。だけど寄り道が過ぎて、恐らくストーリー的には半ばもいいとこ。ひょっとしてクリアまでに100時間越えるんじゃなかろーか、という予感がひしひしとしています。DQ7並……。

すれちがい通信でせっかくもらった宝の地図も行けないところばっかりだったんですが、先日もらった地図にセントシュタインのそばにあるダンジョンが混ざってたので(多分これクエストで最初に自力入手できるやつだと思う)、試しに行ってみました。うお、モンスター、ちょい強いのもいる。まあ本来なら、もっとストーリー進んでから手に入れるはずの地図ですしねー。でも苦戦するほどではないし、これぐらいならなんとか。

そんな感じで「イケるイケるー!」とTOEのファラのようなノリで最下層まで突っ込んだら、ボスにあえなく全滅させられました。合掌。DQ9で全滅したの初めてだ……。ていうか、支援魔法なしで通常攻撃を連続2発くらっただけでパーティのどのキャラも沈むって辺り、もはやどうしようもないと思うわけですよ。くっそ覚えてろ、そのうち必ずリベンジしてやらぁ! 首を洗って待ってやがれー! 今はつかの間の安寧をせいぜい楽しんでおくが良いわふははははは(ツッコミ待ち)。いいかげん素直に本来の話を進めろってことですねそうですね。

とは思ったものの。考えてみたら、まだ1つだけとはいえ女神の果実入手したんだから、ここは一旦天使界の方に報告するべきか。台詞にも変化あるかもしれないし。ってわけで、おーい、オムイのじっちゃん、女神の果実1コ見っけたぞー! ……いやほら、うちの主人公「ごくう」だから。

主人公からの報告を受け、食べた者の願いを叶える力がある女神の果実を悪用されないように、回収を急いでくれ、とオムイ様。♪世界中に散らばる 七つの夢追って行けよ 悪い奴に渡すな 明日を守るのさファイター♪ うーん、そのまんまだ。(※DB無印の挿入歌です) 願いを叶えるといってもどうも微妙に歪んだ方向に発露してる辺りは、ドラゴンボールというよりちょっと「猿の手」っぽいですけど。

さて、天使界を後にして、女神の果実が落ちたと思われる次の地にようやっと向かった一行。今度は海辺の村、ツォの浜です。大地震の影響で魚が取れなくなった村かー。人魚を匿ってる漁師の男性とかいませんよね?(DQ6) 漁師の村というと、DQ7のフィッシュベルも思い出しますが。

それはさておき、ツォの浜には、海の守護神といわれる通称「ぬしさま」を呼び出し、とりたてぴちぴち海の幸を与えてくれる幼い女の子・オリガがいました。水が低きに流れるように、人間ラクな方に流れたがるもの。オリガの起こす奇跡に完全に甘えきり、村長を筆頭とする村人たちは勤労意欲をなくしてる様子。

そのことにオリガ自身は疑問を抱き、外部の人間である……人間じゃなく天使だけど……主人公に尋ねます。「こんな暮らしは間違ってますよね?」と。村長の家で「ぬしさまをもう呼びたくない」と言っていたように、既に彼女の中で答えは出ていて背中を押してほしいんだろうから、とノータイムで「はい」で答えましたが、「いいえ」だったらどうなったんだろう。ループ質問かもしれないけど、直前でセーブしておいて見てみれば良かった。

そして夜更け、無責任なこと言っちゃって、オリガが村八分にされたらどうするんだとサンディにツッこまれる主人公。思うんだけど、サンディって表面的にめちゃめちゃチャラいだけで、根っこにやたら真面目なとこあるんじゃないかな……何気に面倒見いいよなぁ、と思う時が結構あるんですよね。「せんれき」をマメに見てるか見てないかでも、だいぶ印象違ってくるキャラかも。

翌日。オリガの家に泊めてもらったのに当人が見当たらず、家を出て村人たちに話を聞くと、彼女はぬしさまを呼ばないことを改めて村長に伝えに向かった模様。けれども納得しない村長は、プライベートビーチの方にオリガを拉致っていったと。オリガのことを心から気にかけて心配しているらしい、村長の幼い息子・トトに依頼され、一行は村の奥、海辺の洞窟へ。

洞窟を抜けた岬では、村長がオリガを懐柔しようとしてる真っ最中。曰く。村人にはぬしさまが呼べなくなったと言おう、その代わり、この場所でこっそりぬしさまを呼んで、海底に眠っているだろう財宝を持ってきてくれるよう頼んでくれ。……うっわぁ。ダメだこの人。身寄りを亡くしたオリガを自分の養子にって話をしてた時は、いちおう善意の人なのかなー?と思ってたけど、まるっきり見込み違いかい。

そこへ怒れるぬしさまがド派手に登場。ところがぬしさま、なぜかオリガを口の中にぱくり。え、ここは流れとして村長をぶちのめすんじゃないのか、なんで? と思いつつ、オリガを助けるために、VSぬしさま。助けを求めてくる村長の言葉に従う形になるのは、実に不本意なんですが。いいか勘違いするなよ、貴様なんぞを助けるためじゃ(それじゃ悟空ってよりむしろピッコロかベジータです)
ぬしさま戦は津波を呼ばれると少々きついものの、そこまでギリギリな状況になることもなく勝利。トドメが再びごくうさの会心の一撃でした。ずっと一本伸ばしで来てる剣スキルが効いてるのかな。

食べられたオリガは全くの無事で、倒したぬしさまの口から出てきました。直後、ぬしさまが起き上がり再び主人公たちに攻撃しようとするのを、かばってくれるオリガ。そして、彼女に語りかけ出したぬしさまのその声で、ぬしさま=大地震時の嵐で亡くなったはずのオリガの父親と判明。海に落ちた女神の果実が、幼い娘の行く末を案じる父親の想いを受けて、彼をぬしさまと化していたわけで。村人の話を聞いた時からなんとなくぬしさまとオリガの父に繋がりはあるんだろうなとは思ってましたが、私、親子の絆に弱いんだよー! リッカちゃんとリベルトさんの時もだったけど、ほろっと来るよー!

こんな村は見捨てて共に遠くに行こうという父親の申し出を、オリガはきっぱり断り、村一番の漁師だった父親の娘として、自分ひとりでもやっていけるようになる、と宣言。見た目かよわそうなのに、オットコマエだなこの子。そこへさらに、心配になって主人公たちの後をこっそりつけてきたというトトが現れ、オリガのことは僕が守ると誓ってみせました。こっちも男前だ。良い子だなぁ……あの村長の息子とは思い難い。でもそれはそれとして、野暮なツッコミとは思いつつ、どうやってあの魔物溢れる只中をついてきたんだ主人公たちに気づかれず、と言いたい。その忍び足スキルは村長や船乗りより、盗賊かレンジャーで生かした方がいいんじゃないかな。同じ大陸の北にダーマもあることだし、ちょっくら転職しておいでよトト。

娘の精神的な成長を目の当たりにして「ぬしさま」は消え、ダーマの時と同様、主人公の手には女神の果実が残りました。ぬしさまを呼べなくなったと説明された村人たちも、納得できない人は一部いるものの、再び自分たちで生活の糧を得る方向へと歩き出し。遠洋漁業のついでに、東の大陸まで行くんだったら一緒に送ってってやるよと言われ、主人公たちは船出に便乗。プレイ時間が長すぎて、サンディに「(果実集めの仕事)サボりすぎ」と耳に痛いコメントつけられつつも、新大陸を目指します。

あ、そうだ。ツォの浜でブーメランパンツ売ってたので、錬金してビクトリーパンツにしたんですが。今んとこ、ごてんくんだけが装備してます。なんとなく気分的に、ナマ足がまだしも許される年齢と頭身かなーと……ごくうさとごはんくんにやる勇気はなかった(特にイベントの度にクローズアップされる主人公は)。だけど上の装備が毛皮のベストなもんで、漆黒の股チラならぬ真紅の股チラ状態というか、「ぬすむ」の直後にうつる後姿が、一瞬何も履いてないように見えなくもないというか。……やっぱ元の装備に戻そうかなこれ。ヘンな方向に集中がそがれる気がしてならんです。防具としての性能は高いんだけど。

というわけで、本日終了!

*****

拍手レス。

7月25日
>KMさん
26日分と併せたレスで失礼します。

DQ9、私は話が相変わらずさっぱり進んでないので、KMさんに既にストーリー部分は追い越されてそうですね。攻略に役立つようなプレイ記ではないだらだら日記ですが、ちょっとでも参考になったのでしたら幸いです。

自分の場合、たぶん錬金と錬金素材を「ぬすむ」のにハマったために、自然とパーティ全体のレベルや強さも上がって、それであんまりボス戦でも苦戦してないんじゃないかなーと思います。堀井さんのインタビューで「今回は(ネットなどで攻略法を調べたりするの前提で)難易度高めにしてある」というのを見たので、そういう意味では実はちょっと拍子抜けしてたり。これまでのシリーズ、特にDQ7は中ボスで苦労すること多かったので、そんな感じかなと思ってたんですよね。といっても、まだまだ中盤なので、これからどうなるかはわかりませんが。
でも、倒せなかったボスが、いろいろ工夫したりレベル上げしたりすることで倒せるようになるのも、DQの楽しみのひとつですよね。

日記絵へのお褒めの言葉もありがとうございます。リッカちゃんは可愛いですよねv
ええとまあ、胸に関しては、ルイーダさんとあと天使のラヴィエルさんがすごくボン・キュ・ボンなナイスバディなので、対比で余計に差が目立……げほごほ。いや、だけど誰かがこう言ってました、「貧乳はステータスだ」と!
あ、私がリッカちゃんを主人公より年下かも、と思ってるのは、ポジションが微妙にDQ6のターニアちゃんとかぶってるからです。DQ6で下世界の主人公を助けて面倒見てくれてた彼女が、1つ年下だったので。
ではでは。

7月28日13時
>どうしましょ〜の方
申し訳ありません、人気投票の方、もうずいぶん前から管理人ノータッチになっております;;
管理がまったく行き届いてない状態でいるのもなぁ……と思い続けてはや幾年月。いつまでもこのままというのもアレなので、これまで投票して下さった方にはすみませんが、早ければ8月中、遅くとも年内には削除しようかと考えています。
近々、人気投票ページの方にも削除告知を出しておきますね。

2009.7.25

リッカちゃんは主人公(オレ)の嫁。
このところ暇があればDQ9やるかプレイ日記書くか、って感じだったので、こんなふうに絵を描くのはなんだか久し振りな気分。

ネタバレというほどでもないDQ9の与太話ですが、以下、いちおう伏せます。
前回の日記でも書きましたけど、自分的にはわりと真面目に男主人公×リッカを推したい心持ちです。とりあえず、セントシュタインでのイベントクリア後にリッカちゃんに「私も友達として〜」と言われて、「……友達か。そっか。」とちょっぴり切なくなったあたり、CTでマールに「私たち、友達よね!」と言われた時とまるきり同じパターンにはまってると思う今日この頃。

今回は杖装備でMP回復できるのであんまり宿屋には泊まりませんが、泊まる必要がある時はいつもキメラの翼 or ルーラでリッカちゃんのところです。おかげでクエストひとつうっかり見逃してたけど気にしない! 泊まったり呼び込みしたりしない時にも無意味に話しかけるのは基本。「いらっしゃい」じゃなく「おかえりなさい」なのが嬉しい。

ところで、日記絵描くために改めて鳥山先生の描いたリッカちゃんのキャラデザ見たんですが、見事なまでに、その……つるぺたな胸ですね……絶ぺk(殴) 自分で描くのにそれだと楽しみがないので、ある程度凹凸をつけましたすみません。いったい彼女、何歳ぐらいの設定なんだろうなぁ。主人公の外見年齢の設定がだいたい15歳ぐらいらしいから、私は同い年か1つ下かと思ってるんですけど。それぐらいの年齢ならまあ、未来という可能性もあるでしょうか。だけど、14〜15歳頃に「未来という可能性が」と言ってて、18歳になっても成長の跡があまり窺えない某自称天才美少女魔道士とかもいるし、なんて要らんことまで考えたりして。

*****

それはそれとして、DQ9プレイ記つづき。
寄り道をぼちぼち切り上げて、ダーマ神殿に向かった主人公ズ。
ダーマでは、転職業務担当(って書くと何やら職安の人みたいだ)の大神官が行方不明で現在転職不可能。ダーマ到着後、素直にすぐ転職できたのって、思えばDQ3の時だけのような。

話を聞けば、大神官はどうやら転職しに来た人がお礼代わりにと渡した「女神の果実」を食べて、錯乱して飛び出して行ってしまった模様。そこいらで拾ったモンをお礼にすんなそして食うな。とツッコミ入れても始まらないので、ラリった大神官を探しに行きませう。かつて転職の儀式を行なっていた、現・魔物のすみかなダーマの塔への入り方を、残ってた神官の人に教えてもらい、最上階を目指す一行。たぶん大神官はそこにいるだろうという話。

はたして大神官はおられました。が、女神の果実がおかしな方向に作用してるらしく、まるでやばいクスリでもキメちゃったかのごとき妄言を吐きつつ、魔物化して襲いかかってきました。……女神の果実ってなんかソーサリーグローブみたいだなー。と思ったSO2好き。
でもって、魔物化した見た目がそこはかとなくセル第1形態を彷彿とさせるので、大神官のセリフが若本ボイスで脳内再生されました。ぶるぁぁぁぁぁぁ!

塔に行ったら何やかやでボス戦あるだろうとは踏んでたんですが、攻撃呪文の連発きついー;; しかも呪文が暴走してパーティの被害甚大。DQ9で初めて回復にてんやわんやになりました。僧侶のごはんくん大忙しで、せっかく錬金で作った砂塵の槍も使う暇がない。そして戦闘終了間際になって、もしかしてチチさん「魔結界」の特技使っといたら少しはマシだったんじゃね?と気づきました(遅)。

そんな感じではあったものの、どうにか大神官を倒すことで元の姿に戻して、女神の果実1個めゲット。寄り道しまくって時間食ってたせいか、果実1個手に入れるのにどんだけ時間かかってるのかとサンディにはツッこまれてますが。

大神官が戻ったダーマではようやく転職が可能に。また、上級職に転職可能なクエストも受けられるようになったので、まずはそっちをこなすことに。バトルマスターの課題はごはんくんのラリホーのおかげで、それほど苦もなくクリア。さっきからごはんくん大活躍。

問題だったのは魔法戦士の課題。メタルスライムがまあ案の定逃げるわ逃げるわ。これまでのシリーズと違ってシンボルエンカウントだから、別のモンスターとの接触を省きやすくなってるのは有難いんですが。「魔結界」使えるのチチさんだけで、しかも当人がトドメささなきゃだめってのが辛い。それでも、クエストクリアまで1時間はかからなかったのかな。他モンスターに間違えてぶつかることも多かったから、またしても副次的にお金が貯まりました。

で。転職ですが、チチさんが魔法使いから魔法戦士になりました。これまで伸ばしたスキルを生かせて、なおかつ転職するメリットありそうなのが彼女だけだったからという理由で。 あと、ごくうさはひとまず旅芸人のままでいいかー、バランス良いし剣スキル伸ばしたいし。と思ったんですが、考えたら別の職でLV1から上げた方がスキルポイント早く入ってくるじゃん、と気づき、バトルマスターにあっさり鞍替え。武闘家も絶対やらせて棍スキル身につけたいんですけど(名前的に)、DQ6の時からギガスラッシュ大好きなので、主人公にはギガスラ使わせたいんですよね。個人的こだわり。

経験値稼ぎがてら、ダーマ周辺で毎度のごとく「ぬすむ」を繰り返してたら、かまいたちからはやてのリングゲット。おお、ラッキー。それに味を占めてかまいたち狩りして、2個目のはやてのリングを入手、錬金でしっぷうのバンダナ作りました。バトルマスターや魔法戦士は素早さ低めだから、装備品で補わないと。

さて、転職後のレベルもそれなりに上がってきたので、そろそろ次の地へ。

……というところで、現在止まってます。日にち開いたわりに話がほとんど進んでない……(いつものこと)。

*****

拍手レス。

7月17日
>KMさん
私もDQ9進めるの、のんびりですよー。世間では、もうクリアした人も結構いそうですね。
まあ、各人ごとのペースで楽しみながらゲームを進めるのがいちばんじゃないかな、と個人的には思います。
プレイ記ものんびり進めていきますので、気が向いたら読んでやって下さいな。

7月19日
>影利さん
お久し振りです。
孫一家(の名前)でDQ、私はDQ3の時にもやってますが、楽しいですよ笑。
武闘家に転職はさせたいんですが、今までのDQと転職の形態がかなり変わっているので、なかなか難しいものが……。今回、特技は引き継げても、呪文は引き継げないんですよね。DQ6や7のような形式だったら、全員武闘家というのも有りだったと思うんですが。
ともあれ、そういった制限も含めて、どういうふうに育てていくか頭を悩ませるのもまたゲームの楽しみのひとつ、ということで。

2009.7.20

DQ9に熱中するあまり、うっかりハガレンの録画を失敗して凹みました。またDVD待ちかー;;

で、そのDQ9ですが、現在総プレイ時間は32時間。
内訳的にはたぶんセリフをメモる時間と寄り道とで3分の2ぐらいじゃないかなぁ、という感が無きにしも非ず。まだ転職すらできてませんわさ!

そんなこんなでDQプレイ記、前回の続き。
セントシュタインから東の関所を抜け、「ごくう」一行は新たな町、ベクセリアに向かいます。もちろん途中でフィールドに点在してる錬金素材をあまさず回収することも忘れません(とかやってるから進まない)。

ベクセリアでは流行り病が蔓延し、絶望ムード。町長さんの話では、過去にも同じ病が流行ったことから、古文書に解決法を求め、考古学者のルーフィンが現在原因究明中だとか。一人娘のエリザがルーフィンの元へ嫁いだことから、婿と舅のビミョーな折り合いの悪さを見せる町長にパシらされ もとい、頼まれて、様子を見に行く主人公たち。

で、流行り病の原因は、西の遺跡に封印されてたはずの呪い。例によって天使界の騒動と時期を同じくした大地震の影響で、その封印が解けちゃったらしいとのこと。そして再び封印できるのはルーフィンだけだろう、と。でもまあ、面倒がるというか、魔物出るし怪我してもイヤだしとかいってゴネるわけですな、このマイペースでヒッキーな学者は。本でべしべし敵をはたき落としつつ瘴気吹き出るシルフの谷に突入した、どこぞの29歳独身男な魔法学者を見習いやがれ。精霊召喚できるようになるまでは、はっきり言ってクラースも足手まとい以外の何者でもなかったですけどねー(酷)。いや、クラースさんは好きです。

それはさておき、予想通りというべきか、町長にルーフィンの護衛を正式に依頼され、一行は西の遺跡に行くことに。こんなん護衛するのは業腹だが、町を救うためだからこの際いたしかたあるまい(偉そう)。エリザさんにもよろしくお願いされたことだし。てか、本人ごまかしてたけど、あからさまに彼女も流行り病にかかってるよなぁ……。

遺跡では先に到着して待ってたルーフィンとご対面。誰もがツッコミ入れただろうと思いますが、一人で魔物だらけのフィールド抜けてここまで来られるんなら、別に護衛しなくてもいいんじゃないかなこの人。まあいいや。ともかく、一行は遺跡の奥へ。おっ、謎解きか?と思いきや、あっさりクリア。個人的にはDQ7ぐらい、こう、ゴリッとした手ごたえのあるパズルでもいいのになんて思いつつ。

ちなみに、相変わらず「ぬすむ」で敵からアイテムゲットするのも怠りません。どうでもいいですが、ミイラ男から「よごれたほうたい」手に入れるのって、「良いではないか、良いではないか〜」のあの帯クルクルな時代劇のお約束でむしりとってるってことでしょうか。ちょっと気になる。へびのぬけがらも剥いでるのかな。盗賊すげー。

封印のあった場所では、壊れたツボが。ここから呪いが洩れたわけですね。って、封印の修復って接着剤なのか……いや、いいけど、別にいいんだけど、封印、安ッ!と全力でツッこみたい。すごく。そしてルーフィンがツボを修復してる間、病魔の化身パンデルムと戦うことに。

あ、そうそう。ここまで来る少し前に、錬金でうさ耳バンド作ったんですが。今回なぜか男性陣も装備できるんですねこれ。しかも守備力高いし。さすがに気が引けて、男連中は別の装備ですけどね!(実際に装備させてみたら笑えて仕方なくて、ゲーム真面目に進められなかったからすぐ戻した) だけどチチさんには付けてみたという話。魔法使いで素の防御低いから、守備力ある方がいいし……という名目で、下がニーソ(+ブルマ)で上が白いTシャツ、そしてうさ耳バンド、という何か実にアウトで有罪っぽい見た目になりました。ごめん。ていうか、某ギャルゲでこんな格好して占い同好会の勧誘してた女の子がいたっけなとかふと思った。

閑話休題。
病魔の封印も無事完了、遺跡調査したいから残るとか言い出したルーフィンはとりあえず置いといて、町に戻ってお祝いだー……なはずが。病気の進行が早かったらしい、エリザさんだけ助からなかったとわかり……。……こういうところ、DQってほのぼのブラックだと思います。さらりとシビアで黒い。絶望的に救いがないわけじゃないですけれど。個人的に、見事なほどトラウマえぐられる展開だったので、泣きそうになりました。

唯一心を許す存在を亡くしたことで、完全に閉じこもってしまったルーフィンを立ち直らせるために、霊となったエリザさんが主人公に頼みごと。エリザさん、死んでもノリが軽くて明るいのが救いなようで、逆にそれが物悲しくもあり。ともあれ、ルーフィンを引っ張り出して、病気が治った町の人々に引き合わせることで、今まで見えなかったもの、見ようとしてこなかったものを感じとった彼は心を入れ替え、そんな彼を見てエリザさんは満足して天に召されました。……ちょっぴりDQ8のアスカンタのイベント思い出しました、この辺り。

さて、このことで天使の力をまたちょっと取り戻したらしき主人公。今度こそ「天の箱舟」で天使界に戻れるかも、ということで、サンディが天の箱舟に行けと大張り切り。彼女に関しては、何やら時たまぽろっと可愛い台詞言ってるなーという印象です。なんだかんだで「せんれき」のコメント見るのは楽しみだったり。実際のギャル系の子は正直、苦手な方なんですけどね。DQマジックかな。きっついこと言った裏で、「将来をちかいあったヒトを亡くすのって、どれだけ悲しいのかな……。アタシには想像できないや」と呟いてたのが印象的でした。

天の箱舟のある峠の道では、謎めいた幽霊?の女性が通りすがり、風と共に去りぬ。後々関わってくるんだろうけど、今はとりあえず放置でいいのかな。で、天の箱舟に乗った主人公たち。どうせまた天使界には戻れないんでしょー、どっか別の大陸にでも不時着するんだろーな、けっ。などというやさぐれプレイヤーの予想を裏切り、フツーに天使界へ到着。なんてことだ。こういう時は落っこちるのがセオリーだと思っていたのに!(偏見)

天使界は例の騒動で、何やら全体的に荒れ果てた雰囲気に……あああ、案の定……。それでもオムイ様をはじめとして、主人公との再会を歓迎する天使界の人たち。だけど、薄々予感はしていたけれど、やっぱりお師様おらんのですね……。あのひとだったらきっと弟子を心配して探しに出ると信じてましたさー、ふふふー。この場合、喜ぶべきか悲しむべきか。

そして主人公を送り届ける約束は果たしたからと、サンディもあっさりどこかへ消えてしまい。……あ、「せんれき」からもきっちりいなくなってる……なんか寂しい。というか物足りない。まるでDQ7でマリベルが離脱して、あの毒舌を聞けなくなった時のような気分。そういや私、プレイ前〜プレイ当初はマリベルのことも苦手で、好きになれなさそうなタイプだと思ってたっけ。

世界樹のそばで祈ったら、羽根と天使の輪も復活するかもとオムイ様に言われ、上階へ行く主人公。でもその前に、ラフェットさんが気になるので、彼女を探しに。おや、前に入れなかった区域、入れるようになってる。

ラフェットさんは主人公のことはもちろん、いなくなったイザヤールさんのことも非常に心配している様子。ええとすみません、やっぱり彼女とお師様とのカプをちょっとだけ期待してもいいですか?(こら) ところで、エルギオスってお師様のさらに師匠だったんですね。てっきりイザヤールさん、主人公の前にも実は弟子をとってて、でもそのひと(エルギオス)が消息を絶ってしまったから、それで今まで弟子をとらない方針になっていたのかと想像してました。

その後、世界樹の根元で祈っても、主人公のなくなった羽根と輪っかは元に戻らず。ただ、その代わりに不思議な夢と声が。「樹を……汚さないで……」もとい。再び地上に戻り、散らばった女神の果実を集めて世界を救ってください、と。うん、いや、うっかり「え、精霊マーテル?」とか考えたTOP好きがここに。だって世界樹から声というと。つい。でもって、人間たちを滅ぼす滅ぼさないの会話のくだりは、DQ4のデスピーとロザリーちっくですね。

それにしても、世界中のどこかに散らばった、金色した果実を集めるのか。まるでドラゴンボール探しだなぁ。なんて思ったら、その直後にオムイ様が「果実は全部で7つほど」……これが吹かずにおられようか(反語)。さがそうぜ!女神の果実〜♪ あら、意外と語呂も合ってるわ。この世はでっかい宝島なんですね、わかります。今回、実は何気にこれほどぴったりな主人公名もなかったのかもしれない……天使ごくう。プロフ設定のデフォルト台詞で「オッス! オレは(主人公名)ってんだ!」という微妙に惜しい感じのもあったし。そういえば、攻略本で見ましたけど、シェンロンローブだのシェンロンロッドだのもあるんですね、DQ9。

サンディの方もサンディの方で人探しに地上へ行く必要が、というわけで、利害の一致から再び合流。私としては、女神の果実よりむしろこっちも人探ししたい気分ではありますが。うちのお師様知りませんかー(うちのタマ知りませんかのノリ)。

壊れかけな天の箱舟を導く、道標がわりの青い木目指して、一行はダーマに到着。地上に降りたことで仲間が再び知覚できるようになったけど、天使界にいる間ってどうしてるんでしょうね。天使界の諸々は普通の人間には見えないってことだから、滞在してる間の仲間たちは幻でも見てるような感じなんでしょうか。謎。

この辺りで、主だった台詞を延々手書きでメモし続けていーかげん手が疲れてきたので、メインストーリーを進めるのは一旦ストップ。錬金用アイテム集めと新たなクエストを受けに行くのを兼ねて、これまで訪れた各地を行脚してまわることに。世界樹のとこで覚えたルーラ、今回は消費MPなんとゼロ。これはラクチン。

やっとWi-fiでのお買い物もできるようになったので、そこで買った素材と魔物からぶんどったアイテムで錬金して、砂塵の槍ゲットだぜー! ひゃっほう。しかし奇跡の剣18500Gとか、高すぎて買えませんがな。ムリムリ。(※明らかにゲームが進んでないせいです)

各地の村や町でも少しだけ時間が経過して、人々の台詞にちょこちょこと変化が。……あー。ニード、かなりダメダメっぽい。リッカちゃんの出立の時なんかは、せっかく見直したのになー。そんなんじゃ、うちのリッカは貴様にはやれんな! いやその、なんかDQ6のランドとターニアみたいな感じだったもので。ぶっちゃけ主人公が「ごくう」じゃなかったら、リッカちゃん主人公の嫁に貰いたいですよ。ターニアちゃんと違って、「兄妹」っていう縛りもありませんし。ああ、でも、天使と人間っていう種族(?)の差があるのか。その辺りは愛でひとつどうにか。(…)

それじゃ、今日はこの辺で。
しっかし、だんだん記事が長くなってきて、日記見づらいですよね……別ページでプレイ記書くようにした方がいいかな。ただ、そうすると、分けた途端に日記が止まる罠にはまりそうな気も。

2009.7.16

DQ9プレイ記。
現在総プレイ時間は約19時間。のわりに、本気でちっともストーリーが進んでません。本筋も本筋でもちろん面白いんだけど、寄り道要素がとにかく楽しくて仕方なくて。RPG系やる時の、私の毎度のパターンに陥ってます。

でもって、孫家なパーティ組んでるわけですが、どうも自分の中で「悟空」としてのリアクションや台詞を想像している時と、それとは別に「DQ9の主人公」としての台詞を考えている時があって、脳内が非常に忙しいです。頭の中で、主人公が「オラは〜」って喋ってる時と、「僕は〜」って喋ってる時の2種類がある……そして当然のように物事への反応の仕方が違う……何だこりゃ。無意識に主人公に対してイメージ付けして、名前とキャラが乖離しつつあるのかな。DQ3の時はそんなこともなかったのに。

ともあれ、以下はネタバレです。

先日のプレイでは入らずに終わったセントシュタイン城で、いくつかクエスト受けたりなんぞしつつ、国を騒がす謎の黒騎士をどうにかしてくれと王様に頼まれ、一行はシュタイン湖畔へ。何でもいいですがお城の兵士の「これはキサマにやられた兵士長の分! これはキサマに(以下略)」に吹き出したですよ。うん、どっかの誰か(具体的に言うと主人公につけた名前のひと)も似たようなセリフ言ってたよね、改の方だとわりと最近の話ですね。

シュタイン湖では黒騎士とご対面、そしてバトルへ。プレイ前の記事で見た時から思ってたけど、こう、なんとなくデュラハンっぽい見た目。別に首は外れてませんが、どうやら死霊騎士ではあるようだし。
♪やっぱりデュラハーン、とってもデュラハーン(へっぽこーず)とか「ボク悪いデュラハンじゃないよ、いじめないでね」(スレイヤーズすぺしゃる)とかのネタがつい思い浮かぶ……。

で、そのデュラハンの人(違う)との戦いで、とどめは主人公の剣での会心の一撃でした。かっけぇ。DQでは珍しくボス戦でうまく決まったので嬉しかったです。大抵とどめがしょんぼりだからなー私;; そして話してみて黒騎士の誤解も解け、どうやら悪意の人ではないらしいと判明。あ、本当に「ボク悪いデュラハンじゃないよ」だったのか。

城でお姫様からヒントをもらい、さらにエラフィタ村のわらべ歌からヒントを得て、村に闖入した黒騎士を追っかける形で滅びの森の奥深く、今は廃墟なルディアノ城へレッツラゴーゴー(サンディ調)。この辺りで盗賊のごてんくんがスキル「ぬすむ」を覚えて、モンスターを見たら出会いがしらにまず「ぬすむ」という、ほとんど強盗団なパーティと化しました爆。悟天くんに盗みなんぞさせたらチチさん怒るんじゃないかとは我が妹の言ですが、私もそう思います。でも、CTのエイラの「色じかけ」ほどではないにしろ、DQ7のぬすっとぎりとかに比べて成功率がそこそこなので、美味しいんですよねー。

ルディアノ城では古の魔女イシュダルの横恋慕で黒騎士レオコーンとメリア姫の仲が裂かれたことがわかり〜……って、これ、男女のポジションが入れ替わった鏡姫とフォーン王と魔術師ミラルゴ(DQ6)? え、私の思い込みじゃありませんよね? ともあれ、絶望に沈むレオコーンもフィオーネ姫の機転で安らかに昇天し、一行はセントシュタインで王様から褒美を受け取りましたとさ、めでたしめでたし。いや、ここで終わりじゃないですが。それにしてもフィオーネ姫、兵士つきとはいえ、魔物だらけの城にやってくるとはなんとも強者ですな。サンディも戦歴コメントでツッこんでましたけど。

はてさて、まだまだ天使界へ戻る道は遠いということで、主人公たちはまた違う地で人助けするために足を伸ばします。……でもその前に、セントシュタインの宿屋で錬金釜が使えるようになったので、そちらに思いっきり引っかかるプレイヤー(自分)。DQ8の時は馬車で移動しないとダメだったから話進めるついでに錬金という感じでしたが、今回材料入れたら2分でごはん、じゃなかった、入れたら次の瞬間もう完成なので、すごいお手軽に色々作れてついついハマることに。やばい、これはSOシリーズのアイテムクリエイションのパターンだ(クリエイションばっかりで話が先に進まない)。そして錬金用のアイテムゲットのために、モンスターを追っかけ回して「ぬすむ」を繰り返す追い剥ぎと化すパーティ。へびのぬけがらよこせー! ……とかやってたら、前回はお金足りないと叫んでたのに、いつのまにか1万G近く貯まってた件。何やってんだか。

ほら、話ぜんぜん進んでなかった!(威張るな)

2009.7.13

DQ9プレイ記。
今のところ総プレイ時間は8時間ほどです。
データ1つきりなので、キャラの台詞をまめにメモしながら進めてるということもあって、たぶん他の人に比べたらさっぱり進んでないと思われます。

前回ラフェットさんのこと「眼鏡をかけた〜」とか書きましたが、よく見たら別に眼鏡かけてるグラフィックなわけじゃなく、単に私の見間違いだったっぽい……いやその、どうしてかそう思い込んだんですよね汗。なんとなく立場的に司書さんや学者さんみたいな雰囲気だったせいかなー;; いいやもう、脳内妄想ではそういう眼鏡の似合う知的美人系のお姉さんってことで!(開き直った)

世界樹に異変が起こることや、主人公が見た目天使じゃなくなって地上に降りるのはわかってたものの、一人だけ羽根もエンジェルリングも取り上げられて無理やり落っことされるとは思ってなかったので、ちょっぴりショック。プレイ前は漠然と、異変の調査で人間のふりして地上に紛れ込むのかと思ってました。天使界で入れなかった区域や最後のカギ必須な宝箱もあったから、そのうち何らかの形であの場所に帰ることはできるんでしょうけど……(そんな推測の仕方)。でも、異変時のムービーで吹き飛ばされる弟子を助けようと手を伸ばすお師様にはこっそり萌えました。師弟愛ですね!

それにしても、これで自分がつけたのが「ごくう」なんて名前じゃなかったら、主人公ホームシックになってそうな感じ、なんて思ったのは、SO2で惑星探索中にひとり見知らぬ未開惑星に飛ばされたクロードの状況に少しだけ似ているせいかな。これからどう身を振っていいかわからない、元いた場所に戻れるかどうかもわからない状態ですし。

そんな中で親切にしてくれるリッカちゃんがとても心のオアシスです。主人公、大ケガしたところを拾われる→主人公に対して何くれと世話を焼く少女、そしてそんな彼女を好きな村の少年が、主人公のこと気に食わなくて絡む。のコンボにまたしてもDQ6とデジャヴ。リメイク控えてるだけに、やっぱり意図的に状況かぶせてると見た。リッカちゃんはターニアちゃんほど控えめじゃありませんが。ていうか「場合によってはチョップ3発までは許すわ」に惚れます笑。

天使界の騒動の影響で崩れた街道の様子を見に行った後、何やかやでルイーダさん行方不明を知り、キサゴナ遺跡に単身突入。って、中ボス戦あるんかーい! 普通に連れて帰るだけかと思ってたよ先に言えー! とはいえ、宝箱とるのにウロウロしててある程度レベル上がってたのと、ルイーダさん視界に入った時点でいったん引き返して村で回復+セーブしてあったので、危なげなくクリア。

ウォルロ村に戻った後は、ルイーダさんによるリッカちゃんスカウト大作戦開始(ちょっと違う)。あ、サンディってここで登場なんだ。てっきりセントシュタインに行ってからなのかと思ってました。つか、村の子供に「主人公の後をつける光の玉が〜」とかなんとか言われた時は一瞬、弟子が心配で天使界からお師様が来てるのかとほんのり期待しちゃったのは内緒です。サンディだったのね。ところで前からちょっと気になってたんですけど、どうしてDQ6のペロ毒殺未遂事件の冤罪うけたメイドさんと同じ名前なんでしょうか彼女は。全くタイプは違うというかむしろ真逆ですが。

ともあれ、そのサンディに「せんれき」見ないとシメるとか言われたので、とりあえず見てみることに。DQにも今回はアイテムコレクションあるのかー。だからこの手のヤツはうっかりコレクター魂がうずくから困ると、クロノDSの時にもあれほど!笑 あと、仲間と「はなす」がないからか、その分サンディのコメントもストーリー進行でちょこちょこ変化してるみたいですね。ウォルロ村でのイベントクリア後の、「リッカならセントシュタインでもきっとちゃんとやれるよね。アタシのカンなんですケド」が地味に嬉しかったなぁ。

そんなこんなで色々あって、天使界にいったん戻れるかと思いきや戻れず(案の定)、主人公はセントシュタインに向かうことに。ここで初めてYボタンであらすじ見られるんだって知ったよ!(遅) どうでもいいですが、「ごくう」が妖精とやりとりしてるってーと、なんだか懐かしのプレイディア「真・サイヤ人絶滅計画」を思い出します。あの妖精だか精霊だかの女の子は、今でいうところのツンデレだったんだろうか……。

セントシュタインの宿屋では、リッカちゃんの就任で揉めてる現場に遭遇。彼女がルイーダさんにうながされて宿王のトロフィー出す流れに、まるで水戸黄門の印籠のようだとか思ったら、次の瞬間宿の人々が本当にひれ伏したので爆笑しました。サンディじゃありませんが「超うける」。

宿の準備ができるまでの間、城下町をうろうろして人の話を聞いたりツボを割ったりタルを割ったり宝箱を開けたりタンスを漁ったりしつつ(ていうか天使姿の時に特に思ったけど、人ん家のタンス覗いてまわる守護天使様ってどうなの。笑)時間をつぶし、やっとこルイーダの酒場で念願の仲間キャラを加えました。町に着いたのが夜だったので、城の中には入れず。ということで、ストーリーはまだ進めないで、現在仲間のレベル上げと装備のためのお金稼ぎ中です。装備するアイテム数が増えた分、全体的に価格は今までのDQよりも少し安めになってますけど、それでもお金が全然足りないよー! 世知辛いなぁ。

あ、仲間キャラもかねてから言ってたとおり、「チチ」と「ごはん」と「ごてん」です笑。 とりあえず、もう少し色々余裕できるまでは、このパーティ固定でいこうかと。「カカロット」もすごく入れたかったですけどね!笑 職業は悩みつつも、チチ:魔法使い、ごはん:僧侶、ごてん:盗賊にしました。回復はチチさんに担当してもらいたかったけど、あのベリーダンスの衣装みたいな色っぽい服って魔法使いなんだもの(という大変不純な動機)。まあ、魔法使いでも杖のスキル上げたら回復もちょこっとできるみたいなので、いいかなと。今回の転職システム、今までとがらっと変わってるからどう選択するか迷います。そうやって迷いながら考えるのもまた楽しいですが。

というところで、本日は終了。

*****

拍手レス。

7月13日19時
>TOP絵、夏っぽくて〜の方
お褒め下さってありがとうございますv 気に入って頂けて嬉しいです。
水兵服は色あいも涼しげなので、今の時期に合わせて着せてみました。
いつもトップ絵で描く主人公キャラたちは帽子の類が非常にかぶせづらい髪型なので、水兵帽をどう描いたものか悩みどころでした笑。

2009.7.11

DQ9発売おめでとー!!

買いに行く時にうっかり地下鉄の乗り換えで逆方向に乗ったり、慌てて引き返そうとしたら降車時に鞄にしまおうとしたDS本体を取り落として、焦って拾い上げたら差してあったソフトだけがなぜかホームと地下鉄の隙間に滑り落ちてそれがよりによってクロノDSだったのでテンパって駅員さんのところに駆け込んだり(さすがに自分で直接飛び下りないだけのカケラ程度の理性は残ってた)、いざ買ってオープニングだけでも見ようと某所のベンチでイヤホンつけてDS広げたら隣に座った見知らぬおばちゃんにやたらめたら話しかけられて全然落ち着けなかったり(←どういうわけか他人にものをよく尋ねられるタイプ)、帰り際に切符を間違えて通して改札に引っかかったあげくぎりぎり間に合いそうだった電車を逃したりしたけど私は元気です! なんだ今日は厄日か! それにしてもクロノのデータが無事で良かったよー泣。ぶっ壊れたら命は死なないけど魂が死ぬ(大真面目)。駅員さん拾ってくれて本当にありがとう手間かけてごめんなさい。

で、まだ全くと言っていいほどプレイそのものは進んでませんが、思ったことなどつらつらと。
以下、一応ネタバレ有につき反転で。
オープニングにはやっぱり、こないだ公式サイトで観たCGアニメが使われてて、嬉しかったです。だけどTVの大きい画面で見たいなぁこれ……こういったものに関しては、携帯機だとちょっと物足りないです。

最初の天使界がなかなか広くて、だいぶ無意味にうろうろしてました。宝箱もあっちこっちにあるし。羽根生えてるんだからちょっとした段差ぐらい飛べよ!とか思わなくもないです。宝箱が見えてるのにぐるっと回らないと取れない。
そういえば、今回ツボやタルに入ってる小銭やら消費アイテムやら、1度とってもしばらくしたら復活してるんですね。おかげでつい何回も部屋に出入りしたりして。何か似たようなことを以前にもやったようなと思ったら、あれだ、ゼルダ。昔、GBの「夢を見る島」をちょこっとやった時に、延々と草刈ったり穴掘ったりしてたことを思い出しました。

そうそう、前から宣言してた通り、主人公は「ごくう」です笑。でも自分で命名しといて何ですが、「ウォルロ村の守護天使ごくうよ」と語りかけられた時には思わず吹きました。なんだろう、このむずがゆさというか面映さは。守護天使(ガーディアンエンジェル)ってーとかっこいいですけど! まあおまけに、主人公の師匠・イザヤールさんがいちいち「ウォルロ村の守護天使ごくう」って肩書き込みで毎度呼びかけるもんだからなおさらで。生真面目なタイプらしいからしょうがないのか。

と思ってたら、「やはりいちいちウォルロ村の守護天使と呼ぶのは少し面倒だった」って、なにこの人、えらい可愛いな!笑 好感度アップした、っていうかぶっちゃけ萌えました。他の天使のひとがイザヤールを評しての、「あれで意外に弟子思いなのだな。(中略)かなり甘いと思うぞ」の台詞にもニヤニヤ。ふーん、ほーう、そっかそっかー。主人公に対して厳しめの態度とってるのは、微妙にポーズも含んでるってことかー。へー。……親しみを込めて、某オーフェンのマジクのごとく、「お師様」と呼びたいわイザヤールさん。

ところで「イザヤールとラフェットがケンカ友達」という話を聞いて、男同士の幼なじみなのかな〜なんて思ってたら、ラフェットさん眼鏡かけた女性(ですよね?)だったので、「へー(ニヤニヤ)」とかつい考えましたが私はちょっと妄想の先走る頭をどうにかした方がいい気がします。

そんなこんなで、ウォルロ村の守護天使を任されたので、一人で地上に降りて人助け。話しかけても普通の人には気づかれない、ってなんだかとってもDQ6の現実側の大地に降りた夢側主人公とデジャヴ。教会に広げてある冒険の書に勝手に記録するし。シスターに「もしかして天使様ですか」とか言われるし(DQ6だと神父さんに「もしや神様なのですか」とか言われる)。
失くした形見の指輪探しも、レイドックでだいじな指輪を井戸に落として困ってたおばちゃんを思い出しました。犬が主人公を引っ張って指輪のありかを知らせるのは、DQ2の金のカギを思い出しましたが。馬小屋掃除はDQ7でリファ族の部屋散らかしてる人の家を掃除するのを彷彿と。小ネタとして、意図的にそうやって過去シリーズと重ねてるんでしょうか。

それじゃ、またこれからDQ9の世界に旅立ちます! 以降もなるべく日記つけられたらつける方向で! ……とか言ってずっとネット落ちしたらすみません。

2009.7.10

昨日の日記でちょっと触れたスクエニ公式サイトのバーチャルワールド、なんか謎の英文エラーが出て、何回やってもすぐ強制終了してしまうので結局ログインをあきらめました_| ̄|○ ウイルス対策でIEのセキュリティ関連いろいろ弄くったせいかなー;; だけどどこをどうすればいいのかわかりません……。トークショーだけでも見たかったよー泣。

まあ、そんな景気の悪い話はおいといて。poo本家のお題、今日DQシリーズに決定しましたね。めでたい! 次の次のお題だから、日程は7月20〜24日になるのかな? しばらく絵板も触ってないけど、DQ9プレイの合間を縫って参加しに行きたいです。でも、見るだけでも楽しそう。わーい。

DBやクロノもお題にならないかな。あと、TRPGリプレイも応援したい。
後者に関しては、こういう同盟みたいなサイトさんもあるんですね。
仮称「おえびをリプレイで占めようの会」


*****

拍手レス。

>千咲さん
キリ番ページの説明はご覧頂けてないのでしょうか。拍手からの申告に関しては構いませんが、キリ番は1万単位もしくはゾロ目ですので、次回は440000、または444444です。
余裕がある時は自己申告も受け付けていますが、逆に申し上げますと、こちらに余裕がない場合は自己申告は受け付けていないということです。当方のような同人サイトの管理人は、あくまで趣味の範疇で活動を行なっているということはご理解下さい。

それと、近年はキリ番制度を設けていないサイトさんも多いので、マナーが説かれる機会もなくなってきているかと思いますが、キリ番を踏むためだけにページのリロードを集中的に繰り返す行為は、あまり好意的には受け止められないものです。場合によっては荒らしと受け取られることもありますので、ご注意下さい。こういったことはあまり言いたくはありませんが、当人の申告がなかったとしても、調べようと思えばアクセス解析や生ログなどで、同一人物がリロードを繰り返したことはすぐにわかります。

2009.7.9

DQ9発売もいよいよ明後日に迫りましたね! 本当に出るまで安心できないのがDQという気もしますが!笑 明日は公式サイトのほうで前夜祭?があるみたいなので、その時間帯にネットつなげられたら見に行ってみようと思います。

あと、やっぱナンバリング発売効果なのか、pooのお絵かき掲示板本家で行なわれてる版権お題投票、DQシリーズが上位に来てますね。このタイミングでお題決定したらお祝いっぽくて良いですけど、ゲームやる方に集中しちゃって投稿しにくそうだなーとも思ったり。それに、今だとちょうど夏コミ前でもありますし。原稿中の皆様は、誘惑に負けずに頑張ってくださーい。

*****

で、それはそれとして。
以下、クロノDSプレイ日記、今さらの続き。
うちのサイトって連続ものとかお題とか、こういうふうに忘れ去られた頃に、突如として思い出したかのごとく再開するのがもはやデフォですね。前に書いたのいつでしたっけ。

というわけで、間が開きまくったので、これまでのプレイのあらすじを。
「遥かいにしえの時代に失われたという秘宝・ドリストーンを求め、我々は密林生い茂る前人未踏の大地へと降り立った。かの秘宝はアマゾネスもかくや、という魅惑の女酋長が強者の証として所持しており、それを譲り受けるため、我々は歓迎の宴席にて覇権を競う試練に挑むことに」……あ、ウソ大げさ紛らわしいのJAROなあらすじはいいですかそうですか。
まあ要するに、原始でエイラに会いましたよと。
この時の面子はクロノ・マール・ロボです。ほんとはここのイベント、エイラとの出会いから宴会までの一連の流れはルッカ入れてる方が好きなんですけど。あえていつもと変えてみたり(でもマールは外さない奴)。

宴会での飲み比べ、なんとなくオリジナル版に比べて勝つのが楽になってるような気がするのは気のせいでしょうか。連打してもあんまり手が疲れませんでした。それと、やっぱり未成年の飲酒描写がまずいからか、「酒」が直接出る表現は軒並み削除訂正されてましたね。だけど「お前 強いが 弱い……」じゃわけわかんないと思います笑。せめてそこは「飲み比べ弱い」ぐらいにしようや。

VJから出てる方のDS攻略本は見ながらやってるんですが、恐竜人のアジト……エリクサーのある部屋に入れません……。そもそもこれSFC版の時の攻略本には部屋そのものが載ってないんですけど、元からあったのかな、単に攻略本の抜けか。と思ってPS版の攻略本もよく見てみたら載ってました。うわーん、だったらなんでモンスター穴掘ってくれないのー! だいぶ粘ったのにー!

それで何度も延々往復するはめになったのと、アイテム交換で闘技場の資金稼ぎしようと思ってアジト行く前にヌゥ狩りに精を出してたせいか、なんかいつのまにかクロノはレイズ、マールはアイスガまで使えるようになってました。エイラももうちょっと頑張れば色じかけまでいけた。PS版の初回プレイ録画と見比べてみると、ダンジョンクリアした時点で、仲間のレベルも軒並み+3〜4LV上でした。そしてそのタイミングでの初回プレイ時間、PS版6時間、DS版17時間。さらに調べたら、PS版のマルチイベント込みでのEDまでの時間が約20時間。……今回のプレイ、本気で寄り道しすぎ。特に闘技場。

さすがにもうそろそろ時期的に、追加要素関連も伏せなくていいでしょうか。
闘技場といえば、ゴールドピアスやらつばめやら(そういや「つばめ」手に入れたの初めてかも、いつも選択ではプロテクトメットだったから)属性吸収のプレート類やらゲットしたのにプラスして、上記のLV上がり気味・サンダガアイスガで全体攻撃オッケーなもんで、まだ1周目なのに強くてニューゲームばりに「圧倒的ではないか我が軍は」状態です。台詞が死亡フラグですね。でも今まだ古代行く前だから、クロノがフラグ立てるのはある意味正しいのか(自虐)。

それと、DS版で追加されたアクセサリーらしきハデスの鏡とかいうの2個もらったんですけど、誰も装備できない……。これ、もしや名前と属性からして、魔王専用とかですか。だとしたら、サラのおまもりに続く、宝の持ち腐れパート2。マルチイベント以降は全員ゴールドピアス派です。手持ちの札で戦略や戦術をちまちま練るのも好きですが、技や魔法をガンガンぶっ放して力押しでザコを蹴散らしていくのも大好きです。

話を本筋に戻し。
アザーラというかニズベールを退けてゲートホルダーを取り戻し……って、そういえば英語版だとアザーラが女性(三人称がsheになってる)らしいってマジですか。今までずっと普通に男だと思ってたのに、後付けとかじゃなくほんとにSFC版当初からそういう設定だったんだとしたら、印象まるきり変わってくるんですけど。びっくりだ。SO2のミラージュ博士が女性だった、もしくは幻想大陸(刻の大地)のジェンドが女性だった並の驚き。

そしてまた話がそれた。ともかく、何だかんだでドリストーンを入手したので、ボッシュにグランドリオンを修復してもらい、自宅に引きこもってヘタレてた勇者さまのところに届けました。もちろんカエルも魔法を使えるようにスペッキオのところに連れて行って、今は魔王城を前にしたところです。もはやDQ9発売までにクリアするのはあきらめました(…)。できれば平行して進めていきたいけど、うまくできるかな;;

ところで、カエルの回想見てて思ったんですが、あれって実際にはどの程度クロノたちに伝えてるんでしょうね。プレイヤーはいわゆる“神”の視点だから、カエルの過去がつまびらかになってますけど、クロノたちに対してはどうなのかなーと……。あれらの回想を、あらいざらい述懐してるんでしょうか。
過去に関しては、カエルはあんまり語りたがらないというか、語ったとしても折に触れてぽつぽつと断片的にしか話さないようなイメージがあるので、あのシーンはあくまで脳裏に思い浮かべただけであって、全てを語ったわけじゃない気もします。

ただ、第三者であるクロノたちに対して説明することで、過去と向き合う(=心の整理をつけてグランドリオンを継ぐ)ことにもなるだろうし、同時にそうして事情を明らかにするのが、何も聞かずに尽力してくれた、新たな友であるクロノたちへの誠意を示すということでもあるんじゃないかと思います。ので。やっぱり全部話したのかな……うーん。

あれですかね、クロノたちが休んでる横で考え事してるから、もしかしたらDQ7のユバールでのキーファみたいに、「まあ寝てるんでもいい、これは俺の独り言だ」とか言って語ってるんでしょうかね。子供に寝すがら聞かせるおとぎ話のように、A.D.600の世界に今なお語り継がれるかつての勇者と、今まさにこれから生まれ変わろうとしている勇者の昔語りを。

2009.7.7

今出てるファミ通のDQ9記事に、見た目クロノっぽいのがいる、と先日もとさんに携帯から教えてもらったので、実際に見に行ってみました。
すごく……クロノです……(髪型と色あい的に)。
うむ、これはやはりキャラカスタマイズで2周目の主人公をクロノにすべしという天啓ですな!(違) ていうか、初回に悟飯くん青年verで仲間キャラ作りしようと思ってたんですけど(7月1日の日記参照)、これだったらセルゲーム時の悟飯くんでも良さそう。うーん、迷う。

でもって、あの日記の後、名前5文字で付けられるんだったら主人公を「ごくう」にするのとは別に、「カカロット」で仲間キャラ作っても良いよな、などという激しく趣味に走った思考にたどりつきました。ダブル悟空。うわ、すげー楽しそう(自分が)。どう考えても一般人には披露できないデータと化しますが、もしすれちがい通信なり何なりするとしたらオタ仲間だろうからまあいいか。「トランクス」も、DQ3の時みたいに「トラ」で略すんじゃなく、フルネームで入れられるなぁ。

発売後に毎週配信されるらしいクエストも楽しみです。寄り道要素大好き。パーティメンバーに盗賊技能必須のスニークミッションなんてないかな。DQ3のサマンオサとか、あとDQ4のデスパレスも厳密には潜入イベントになりますかね。あんな感じの、どこかに忍び込むような話。

そういや今日は七夕なので、星に祈っておきましょうか。(DQ9が今度こそ延びずに)ちゃんと出ますよーに! ……かつてのDQ7のCM調。笑
七夕といえば、Googleの七夕ロゴ、綺麗ですねー。

*****

拍手レス。

>千咲さん
3日分まとめてのレスで失礼します。

あ、私以外にもタイトル読み間違いしてる方が……なんだか親近感。笑
クロマお好きなんですね! 絵と小説、両方お褒め下さってありがとうございますv
現在まだお応えできてない企画物のリクエストも残っている状態ですし、個人的なリクをお受けするのは難しいですが;; いずれ機会がありましたら、キリ番など狙ってみて下さいね。

2009.7.5

ついこの間、CMのおかげで気がついた、すごく個人的な勘違い。
DQ9のサブタイトル「星空の守り人」って、「まもりびと」なんですね……私、今まで「もりびと」と読んでました。あれだ、防人(さきもり)とか墓守(はかもり)とかそういうノリかと!
しかしサブタイトル発表されてから一体どんだけ経ってるんだ、という話で。
人前で口にするような機会がなくて良かった。

自分、志村ー後ろー的な「なぜ気づかない……?」が多すぎだと思います。
前にもどっかで書いた気がしますが、クロノでずっと何年間も、メディーナ村にあるゲート(魔族の家のタンスにつながってるやつ)は一方通行だと思ってたりとか。
扉を調べたらまた入れるなんてまったく思いもよらなくて、時の最果てに戻る時はいつもヘケランの洞窟を律儀に通り抜けてリーネ広場から行ってました。そして、PS版発売してだいぶたってから、同人誌でゲートのあるタンスを別の家のと間違えるというネタを見て、初めて気づいたという。それがなかったらきっとDS版でも気づいてなかったものと思われます。

DQ6でも、オフィシャル小説で話の流れきっちり知ってたにもかかわらず、アモっさんをモンストルの町ごと完膚なきまでにスルーしたりとか。……ごめん本気で気づかなかった……。いやまあかなり後になってから仲間にしましたけど。時期の決まってるイベントじゃなくて助かりました。DQ6はけっこう選択が重要だったり時間の流れがあるイベント多いし。

この調子だと、DQ9でも絶対何かやらかすに三千点。

*****

久し振りのバトン回答。
つなみさんのところから頂いてきた「相互様強制バトン」と、 春蘭さんのところから頂いてきた「大切な人へバトン」です。

つなみさんのところで答えられてたのは実はかなり前なんですが;; 私がちょうど孫家祭の更新でてんやわんやだった頃で、その後ウイルス騒ぎでゴタゴタしてたりと、何だかんだで今さらに。

あ、それから、「強制」って入ってますけど、無理に答える必要はありませんので。<相互リンクして下さってる方
私自身、単に答えたかったから答えたというだけですし。

*****

拍手レス。
なんだか珍しく連日でメッセージが届いてて嬉しいです。

7月1日
>アサミさん
日記絵にご反応ありがとうございますv エンジェル悟空はmy趣味です笑。原作扉絵とかZの後期EDとかでの天使姿がむっちゃ好きなこともあって、コスさせたくなってしまい。似合ってると言って頂けて嬉しかったですv
VJのアレ、やはりアサミさんも悟飯くんだと思われましたか笑。編集部のコメント的にはどうも悟空さという風に示唆してるっぽかったですけど、絶対悟飯くんのが近いですよね!
DBキャラといえば、宿屋のリッカちゃんもオレンジバンダナ+髪型のおかげでGTのパンちゃんに見えてきます。

7月2日15時
>はじめまして!〜の方
初めまして、応援のお言葉ありがとうございます。
ファンタジー職業占いとはまた懐かしい! 結果が一緒とは奇遇ですね!
それにしても、私そのこと話題にしたのっていつだっけ、と調べてみたら2004年1月……わあ。5年以上前。
ひょっとして、日記をさかのぼってご覧下さったんでしょうか。とりとめなく長々と書いてる徒然文に目を通して下さって、ありがとうございます。私も他人様の日記読むの好きなので、よく一気読みしたりします笑。
どうぞまたいらして下さいv

7月3日20時
>初めまして。携帯から〜の方
当サイトはPCサイトですよー。携帯でご覧になってる方もちょこちょこいらっしゃるようですが、見辛くないのかな、それともフルブラウザ利用なのかな?とか思ったり。
というか(当然ながら)携帯のランキングなどには登録してませんし、携帯サイトさんからのリンクもそれほどあるわけではないので、携帯だけでご覧になってる方は、はてさてどういう経路でここへたどり着かれたのかとちょっぴり不思議です。別にそれがイヤなわけじゃないですが。
イラストへのお褒めの言葉、ありがとうございます。リンクページや「はじめに」にも書いてあります通り、当サイトはリンクフリーですのでご自由に貼って下さいませ。

それとメルフォから通販のお問い合わせを下さったO様、もしかして前回こちらからのお返事が届いていなかったのでしょうか……?(フリーメールは不着事故が時々あるので)  7月1日にもメールしましたが、もしまた届いていないようでしたら、申し訳ありませんが別のアドレスでのご連絡をお願いします。

2009.7.1

コスプレネタ。
DQ3の時と同様、DQ9で主人公を「ごくう」にする気満々です笑。そしてパーティメンバーはもちろん「チチ」と「ごはん」と「ごてん」の孫一家で。でもって、2周目に「クロノ」「マール」「ルッカ」「エイラ」でいこうかな!(爽) ただ、名前は良いとして、職業の設定はどうしよう。今回も新しい職があるみたいだから悩みます。

つーか、今月号のVJで、はみ出しコラム的に載ってた鳥山先生のデータの主人公が、金髪デコ出しツンツン頭+眼鏡のせいもあって、超サイヤ人な青年悟飯くんにしか見えません。赤い棍(如意棒?)や武闘着はむしろ悟空っぽいですが。それからすぎやま先生、テストロムなのにやり込み凄まじすぎ笑。レベル97て。さすがディープゲーマー。

あと、記事を改めて読み返してて今さら気になったんですけど、もしかしてDQ9って地味に名前4文字じゃなくなったんでしょうか。堀井さんの主人公が「ジョルジュ」で、明らかに5文字なんですけど。前にどっかで「勇者(ゆ・う・し・ゃ)」で4文字だからDQ主人公の名前は4文字以内で固定、って聞いたような気がするんですが、これも新しい試み? 公式サイトのムービーもよく見たら、パーティメンバーに名前5文字のキャラいますし。

そういえば、PCのスペックが貧弱なせいかよく固まるので、普段は動画そのものをあまり見ないんですが、さっきスクエニ公式でDQ9のムービー観てきました。去年のゲームショウで、上演時間が合わなくて観そこねたやつかな。あれのCGアニメでのバトル場面、燃えますね! 仲間とのコンビネーションと動きがめちゃめちゃカッコイイ。あれって実際のゲーム中でもオープニングとかで流れたりするのかなー、流してほしいなー。観ててものすごい勢いでテンション上がりました。あと約10日、楽しみだ! だからお願いちゃんと出て!笑

DQ8の時にもお世話になったネタバレ回避同盟さんから、今のうちにバナーも借りてきましたv
DQ9のネタバレがありますよ

同盟はこちら。
DQ9ネタバレ回避同盟

クロノDSのプレイ日記も途中だし、まともにプレイ日記つけるかはわかりませんが;;



トップページへ戻る